けいけん豊富な毎日

欧州GⅠ戦線の整理(凱旋門賞に向けて)   担【けん♂】

宝塚記念で連覇を達成したゴールドシップは順調にいけば
凱旋門賞に挑戦、ということになりそうです。

特性がはっきりしている馬だけに天皇賞秋、JCという路線は
合わないことが明白なので、せっかくですから欧州の最高峰の舞台に
挑戦するのは意義があると思われます。

ステイゴールド産駒がロンシャン(欧州の馬場)に適性が高いことは
先輩のオルフェーヴル、ナカヤマフェスタが証明済。
さらに馬格があるゴールドシップは斤量負けの心配もなく
パワフルな伸び脚を見せてくれそうですね(^^)g

ハープスター、ジャスタウェイ・・・現時点で考えられる
最強の布陣で挑む凱旋門賞・・・秋が本当に楽しみです。

で、日本からの刺客を迎え撃つ欧州勢ですが・・・

昨年の凱旋門賞馬トレヴがガネー賞でシリュスデゼーグルに敗れ、
さらにプリンスオブウェールズSではザフューグ、マジシャンの
後塵を拝して3着に終わる大波乱。

シリュスデゼーグルはその後、イスバーン賞、コロネーションCと
欧州の主要なGⅠを3連勝していますが・・・残念ながら
せん馬のため凱旋門賞には出走出来ません。

欧州古馬路線の注目馬

・ザフューグ
 昨秋に開花した牝馬の実力馬。愛チャンピオンSを制し
 BCターフ、香港ヴァーズと連続2着。
 ドバイデューティーフリーでは11着に敗れたものの、
 地元に帰ってプリンスオブウェールズSでGⅠ4勝目を達成。

・マジシャン
 昨秋にマイル路線から中距離路線に参入し、BCターフを制覇。
 ドバイシーマクラシックでは6着に敗れたものの、
 タタソールズGC、プリンスオブウェールズSと連続2着。

・ノーブルミッション
 今春に本格化、重賞連勝で臨んだタタソールズGCでGⅠ制覇を達成。
 前走のサンクルー大賞典でも2着と健闘。

・スピリットジム
 昨年のニエル賞ではキズナの5着と振るいませんでしたが
 そこから連勝街道を驀進、重賞連勝に続きサンクルー大賞典を勝って
 一気にトップを狙う馬に成長。

さらに、3歳クラシック戦線からも強力な馬が名乗りを挙げてきました。

オーストラリア】牡 Galileo×(Cape Cross)

母は日本でもおなじみのウィジャボード
英、愛オークスを制し、その後は欧州に留まらず
米国、香港、日本、ドバイと世界各国のGⅠ路線で活躍した名牝です。
06年には2回目のJC挑戦でディープインパクトの3着と健闘。
3連単を当てて難波のウインズでガッツポーズをしたのがもう8年前とは・・・

オーストラリアはウィジャボードの4番目の仔。
今春の復帰戦となった英2000ギニーでは3着に敗れたものの、
距離延長で臨んだ英ダービーを制覇。
続く愛ダービーで連勝し、3歳クラシック路線の頂点に立ちました。

英ダービー


中段後方の外を追走したオーストラリアはコーナーリングを
無難にこなすと、直線に入って一気に加速。
他馬が止まって見えるくらいスルスルと前に詰め寄ると
レーシングポストTを制したキングストンヒルを競り落として
力強く突き抜けてゴールイン!

愛ダービー


5頭立てと少頭数になり、1.2倍と極端な人気を背負った
オーストラリアは直線に入ってからほぼ馬なりで前をとらえ、
難なく抜き去って連勝。力の差を見せつけた内容でした。

強力な2冠馬の出現で欧州戦線も活気づいてきた印象。
まずはどの馬も無事に秋の大一番に向けて頑張っていって
貰いたいものです。せっかくですのでわくわくするような
メンバーが揃う華やかなレースになって欲しいですね♪

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは

トレヴの前走は意外な負け方でした。
それで今年こそ日本馬が制覇すると思っていたら、ここにきてオブライエン親子のダービー二冠馬が名乗りをあげましたね。
今年も凱旋門賞が楽しみです。

朝霧 | URL | 2014年07月04日(Fri)22:06 [EDIT]


>朝霧さん
返信が遅くなってしまいました(>_<)
すいません。

トレヴは馬格がないようなので斤量負けしているのかも
と考えていますが、実力はあるので本番までに
どう立て直ししてくるか注目ですね。
2冠馬オーストラリアはかなりの強敵、
今年は熱い凱旋門賞になりそうです♪

けん♂ | URL | 2014年07月06日(Sun)14:52 [EDIT]


 

トラックバック