けいけん豊富な毎日

阪急杯各馬分析2(考察②) 担【けん♂】

阪急杯(阪神1400m)出走予定馬の各馬分析第2弾です。
第1弾は→ココ

コスモシンドラー】牡5 Green Desert×(Gone West)
末脚がかなりしっかりした馬なので好位につければ上位に突っ込んでくる
可能性は十分にある馬です。ここ3戦の敗戦は出遅れが2回、適性距離を
オーバーしたマイル戦が1回と原因がはっきりしており、
1400mで出負けさえしなければある程度好走が見込めそう
人気が下がるようなら狙い目の1頭かも。

シルクトゥルーパー】牡5 アドマイヤベガ×(Dayjur)
古馬になってから連対があるのは1200mのレースだけ。
末脚が使えるのは直線平坦のコースに限られており、厳しいです。

シンボリグラン】牡5 Grand Lodge×(Linamix)
マイルCSで3着、阪神Cでは5着。格の面ではメンバー中でも上位クラスです。
好位からの抜け出しで突っ込んできたい馬ですが決め脚のキレは今一歩。
侮れない馬であることはたしかですが過剰な信頼も出来ない難しい馬ですね(^^;

スズカフェニックス】牡5 サンデーサイレンス×(Fairy King)
芝のレースでは12戦中10戦で最速の上がりを記録
残りの2戦も2番目、3番目の末脚を使っており決め手のたしかさは
素晴らしいものがあります。戦績も5-1-4-2(4着1回、5着1回)と
安定していますね。阪神競馬場は差しが決まりにくい傾向にあるので
いつもどおり後方に位置取ると不発が怖いところ。
芝の1400mは初めてになりますがスピードのある馬なので
距離の対応は出来ると思われます。

スーパーホーネット】牡4 ロドリゴデトリアーノ×(エルセニョール)
朝日杯FS2着があるように本来の距離適性は1400~1800m辺り。
好位から素晴らしく切れる脚を使える馬なので注意が必要でしょう。
問題は3ヶ月の休み明けになること。明らかに叩き良化型なので
いきなり走れるかどうか?能力面では高く評価したいですが
ローテの関係で割り引く必要がありそうです。

プリサイスマシーン】牡8 マヤノトップガン×(サンデーサイレンス)
阪神Cで2着。鞍上が引き続き安藤勝騎手になるのであれば
侮れない存在です。阪神競馬場は得意にしている馬ですが
決め脚自体はそれほどのキレがなく、タイミングを計る騎手の力量が
問われますね。高齢馬ですが衰えは感じませんので好走する余地は十分ありそうです。

ブルーショットガン】牡8 サクラバクシンオー×(スーパークリーク)
昨年の阪急杯覇者。しかしその後休養明けから一気に失速中。
こちらは年齢が出てしまっているように感じますね。
いきなりの復活は期待しにくいです。基本的に後方からの追い込みになるのも
阪神競馬場には合いません。

ロードマジェスティ】牡5 ブライアンズタイム×(Storm Cat)
馬場が渋って他馬の脚が鈍らないと出番はありません。
後方からの競馬になるのでその点でも阪神競馬場には合わないと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック