けいけん豊富な毎日

CBC賞(各馬分析2)    担【けん♂】

CBC賞(中京1200m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

トーホウアマポーラ】牝5 53.0 (栗東) フジキセキ×(Unbridled’s Song)
先行気味に行く脚質でかなり安定した成績。昨夏に中京1200mで2着に
入ったあと、今春まで7戦連続で複勝圏を外さない好走。
前走の阪神牝馬Sではいつもよりも後ろの位置取りになり、
前を塞がれたこともあって10着に敗れてしまいましたが
血統的にはスタミナに問題がある感じはなく、コース適性にも
期待出来そうです。

ニンジャ】牡5 54.0 (栗東) グラスワンダー×(アドマイヤベガ)
昨年の北九州記念では後方から鋭く脚を伸ばして2着と健闘。
で、人気を背負うとあっさり凡走、しばらく低迷して人気を落とすと
また突然の好走とムラがあり過ぎる成績(爆)
前走の内容を見る限り、前に寄せたら踏ん張り切れる感じはなく
現状では末脚を活かした方が良さそう。それでも上位馬相手だと
あえて推せるほどの威力は疑問。

ビウイッチアス】牝5 52.0 (美浦) ダイワメジャー×(Gulch)
成績からするとかなり早熟気味な感じですが、昨秋にはセントウルSで
5着と健闘しているだけに、終わった馬ではないと思われます。
ただし、昨年末からの3戦で連続二桁着順に敗れており、
休養を挟んだとしてもどこまで立て直せているかは疑問。
極端に馬格がなく、休養明けに輸送競馬というのもマイナス材料。

ブルーデジャブ】せ7 54.0 (栗東) アドマイヤコジーン×(サクラローレル)
ダートを中心に使われてきていましたが、昨秋の京洛Sで芝に転向。
いきなり3着と健闘したものの、そこからは3連続6着と
微妙に足りない成績となっています。
ダートでもスタミナを裏付ける実績がなく、直線が長い競馬場も
マイナス材料になりそう。出走回数は少なめですが、年齢的にも更なる
上昇に期待するのは厳しいと思われます。

ベルカント】牝3 52.0 (栗東) サクラバクシンオー×(ボストンハーバー)
朝日杯FS、桜花賞はともに10着と大敗してしまいましたが
1400m以下では(3-1-0-0)と好成績。
阪神1400mのフィリーズレビューを勝っているだけに
血統の割にはスタミナにも問題はなさそうです。
これまでのところ3歳馬は一切好走がないレースですが
傾向を覆せるか注目したいですね。

マヤノリュウジン】牡7 56.0 (栗東) キングヘイロー×(キンググローリアス)
大きく馬体を増やしたところから絞り込んで臨んだスプリンターズSで
3着と健闘。その後の2戦は前と同じ脚色になって振るわない成績に
終わっていますが、負荷が掛かるレースで前が止まる展開を
我慢し切るようなレースになれば侮れない1頭。
高松宮記念は不良馬場で参考外とすれば阪神1400mでも勝っている
実績はこのレースにも繋がるかも。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CBC賞2014 出走予定馬&先行予想

にほんブログ村トラコミュラジオNIKKEI賞(2014)ラジオNIKKEI賞2014ラジオNIKKEI賞 データ分析CBC賞(2014)CBC賞2014CBC賞 データ分析 <CBC賞(G3) 鉄板3点勝負>  2013年 ◎→○1910 ...
[続きを読む]

稀に的中?3代血統で重賞予想 | 2014年07月01日(Tue) 19:42