けいけん豊富な毎日

宝塚記念(斤量負担分析)   担【けん♂】

宝塚記念(阪神2200m)についてもう少し見ておきたいと思います。

実質斤量負担
宝塚斤量負担

500kgを超える馬が3頭(520kg超えが2頭)いますが
逆に極端に馬格がない馬もいて、平均馬体重(前走ベース)は481kg
近年の中では重い方ではありません。

割合広い範囲で好走馬が出ていますが、460kgを切る
オルフェーヴルやドリームジャーニーといった特別に斤量に対する
耐性が高い実績馬に限られており、基本的にはマイナス材料。

フェイムゲーム、カレンミロティックは条件的にかなり厳しいと
考えれらます。

ヴィルシーナは牝馬なので実質斤量負担でみると一応ギリギリセーフですが
デニムアンドルビーはさすがに小柄過ぎてこのレースの好走ラインの
12.5%をオーバーしてしまっています。

デニムアンドルビーは56kgは初体験。
55kgではオークスの3着が最高位であとの2走は着外に敗れています。

カレンミロティックも58kgを背負った経験はなく、
57kgまではこなしているものの、重賞を勝ったときは56kgと
斤量増は厳しそうです。

フェイムゲームは前走で58kgを背負って6着。
これまでのところ56kgまでしか結果を出しておらず、
今回の斤量負担は大きくマイナス材料になってしまいそうです。

ヴィルシーナもこれまでの戦績では56kgは壁になってしまっており、
(0-0-0-4)というのは・・・厳しいですね。

逆に520kgを超えて好走したのはアーネストリー(2回)だけですが、
中長距離で安定して好走している大型馬はそもそも少ない印象。
ウインバリアシオンが続けるか注目したいところです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック