けいけん豊富な毎日

宝塚記念(馬体について1)   担【けん♂】

宝塚記念(阪神2200m)出走予定馬の馬体について見ていきたいと思います。

【ゴールドシップ】
(阪神大賞典)
ゴールドシップ14阪神大賞典
(天皇賞春)
ゴールドシップ14天皇賞春
(宝塚記念)
ゴールドシップ14宝塚
ポッテリしていたお腹を引き締めて臨んだ前走では
出遅れて着外。今回は少し緩めたところから
絞り直してきた感じで上半身の力感がアップ。
クビ差しに力感が出て立ち姿のバランスも向上。
馬体全体にハリがあり、状態はかなり良さそう。
腿の出来も含めてこのところでは一番の仕上がりだと
思われます。

【ウインバリアシオン】
(13有馬記念)
ウインバリアシオン13有馬
(天皇賞春)
ウインバリアシオン14天皇賞春
(宝塚記念)
ウインバリアシオン14宝塚
バッチバチに重厚に仕上がって見えた前走では
最後に伸び切れず。
今回は腹回りはスッキリさせてきていますが
上半身の厚み、メリハリという面では微妙に不足感。
皮膚感自体は緩みがなく、バランスも崩れておらず
このくらいの引き締まったシルエットの方が走るのかも。

【カレンミロティック】
(13有馬記念)
カレンミロティック13有馬
(大阪杯)
カレンミロティック14大阪杯
(宝塚記念)
カレンミロティック14宝塚
前後の筋肉の充実度は高く、引き続き良い状態を
維持出来ていると思われますが、クビ差しが
微妙に細く、バランスの面ではイマイチ。
悪い出来ではないと思いますが上位馬を超えて
いくような勢いは・・・

【トーセンジョーダン】
(13JC)
トーセンジョーダン13JC
(13有馬記念)
トーセンジョーダン13有馬
(宝塚記念)
トーセンジョーダン14宝塚
歴戦の古馬だけに8歳になっても安定した好馬体を維持。
メリハリに関しては昨秋まではいきませんが
力感、腿の引き上げなど要所要所はしっかりと
出来上がっており、それなりに力を出せる
状態だと思われます。前走で増やした分は
しっかりと絞られてきている様子。
良い出来で出走出来そう。

【ヴェルデグリーン】
(AJCC)
ヴェルデグリーン14AJCC
(中山記念)
ヴェルデグリーン14中山記念
(宝塚記念)
ヴェルデグリーン14宝塚
太いクビ差しを上半身でしっかりと支えており
腹回りは細目感なく絞り込まれ、下半身も
丸みを帯びて充実。
出来に関してはこれまで以上。
パッと見のインパクトはあるくらい良い出来なので
現状の力を出し切れたとして、あとは展開。


※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック