けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念(展開分析)   担【けん♂】

宝塚記念コース
※阪神2200mのコース図及び、宝塚記念(01年~:06年除く)の平均ラップ

宝塚記念が行われる阪神2200mはスタンド前のポケットからのスタート。

約500mほど直線が続く上に、2000mと違い途中の上り坂も
充分に加速してからになりますのでほとんど影響なし、
先行争いに内外の差はないと考えて良さそうです。

ただし1コーナー突入以降は隊列が決まってしまい、
後方から詰め寄っていくのは難しい構造なので、スタートから
最初のカーブまでの攻防はかなり重要。
どの馬が先手を取っていくのかは要注意だと思います。

後半は緩むポイントがない構造なので
後方の馬は「脚をためて」ということが出来ません。
短い直線での瞬発力ではなく、長く良い脚が使える馬が有利
基本的に前が止まらない展開になりやすく、後方の馬は直線までの
前に押し上げていくこと自体が難しいレースになりそうです。

4コーナー位置取りと着順の関係
    1着→2着→3着
13年  4  2  3(番手)
12年 12  3 14
11年  2 11  8
10年  6  4  2
09年 10  2  6
08年  1  4  4
07年  6  2 11
05年  6 12  4
04年  1  2  8
03年  8 14  2
02年  4  9  1
01年  1  9  2
※06年は京都開催のため割愛

   1着→2着→3着
先行  4  5  5(回)
好位  5  2  3
中段  1  2  2
後方  2  3  2

基本的には先行、好位の馬が優位。
特に勝ち馬に関してはある程度前につけられる馬を中心に考えたいところ。
昨年はゴールドシップがスッと前につけて追走、そのまま
前から抜けて押し切る強い勝ち方を見せてくれました。

天候や展開によって、4コーナーにおける隊列に大きく違いが出るのが
阪神内回りコース。

縦長なのか、密集なのか・・・その辺りにも注目したいですね。
昨年はシルポートが思い切って引っ張りましたが、後続の馬は
まったく相手にせず・・・(爆)
今回はマイネルラクリマの出方次第でしょうか、
果たしてどんなペースになるかがポイントになりそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。