けいけん豊富な毎日

函館SS(枠順別実績)   担【けん♂】

週末に来てバタバタが続いており、ちょっと考察が滞り気味。
土曜も函館SS(函館1200m)についてもう少し調べたあと、
晩までにはまとめに入る予定です。

枠順別実績(02年~:09年を除く)】
函館SS枠順

02年からのデータでみると内枠優勢ながら外枠も頑張っている、
という数字になっていますが、近年は特に1~3枠の成績が極端に
良い
ことがわかります。

昨年7枠から勝ったパドトロワは少し人気を落としていましたが
スプリンターズS2着がある実績上位馬、10年に7枠から2着に入った
ビービーガルダンもGⅠで上位争いをする1番人気馬だったわけで、
余程実力的(実績的)に抜けた評価が出来る馬以外は外枠どころか
中枠辺りでも厳しい
、と考えていいかもしれません。

12年の3着に8枠から人気薄のビスカヤが入り、06年には7枠の馬が
1、3着に入線。05年にも6枠の馬が2着に飛び込んでおり、
04年は7枠からシーイズトウショウが勝利。
03年、02年も外枠からの馬が上位に入っていますが・・・
これらの年に共通しているのは・・・勝ち時計が遅い、ということ。

1.09~1.10秒台で決着するようなスローペースになると
外からでも前につけられたり、捲くって前に寄せることが出来たり、と
位置取りに影響してくる、という理由が考えられます。

勝ち時計の想定は難しいですが、今回は逃げ馬がある程度はっきりしており、
天候も週末は回復する見込み。
おそらくは例年並みの1.08秒台前半で決着すると考えられます。

・・・となると今年は内枠一本勝負?!
14頭立てとフルゲートではありませんが、ひとまず6~8枠の馬は
大幅に割引き。

人気馬が内に入ったので大勢に影響はないかもしれませんが
ヒモを狙うにしても枠順で絞ってみるのは一つの手かもしれません(^^)g

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック