けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年のPOG馬を振り返って   担【けん♂】

書きたい記事が溜まって・・・そろそろ腐りかけ(爆)
海外の競馬の動向とか、秋に向けてちゃんと整理しておきたいですね。

今期のPOGはすでに始まっていますが、けん♂厩舎からの
出走はなし。というか入厩している馬がいないので当然です(笑)

まぁ今年は特に最後にバタバタしてしまったので
毎年課題になる早期デビューとかまたもや完全無視(爆)
年間を通してコーディネイトしなくては、と教えて頂いたのに
本当に情けない話です。

ただ・・・個人的にはやっぱりダービー馬、オークス馬を
探し当てて指名するのが一番の楽しみなわけで、
血統背景などに大物感のある馬を狙いたい、という気持ちが
大きいです。
緻密なID野球よりも重量打線でガンガン!という方向?
まぁホームランバッターを並べても優勝出来ないことは
すでに某球団が証明しているんですけどね(爆)

遅くなりましたが、昨年の指名馬の動向について
まとめておきたいと思います。

★1位ダイワレジェンド (1-1-1-0)
素質を感じさせる内容で頑張ってくれましたが、
中間に頓挫があったということで、クラシック路線には
乗り切れませんでした。
夏を越しての成長に期待したいですね。秋には是非大きな
舞台で活躍を!

★2位キミノナハセンター (2-1-1-2)
高い素質を感じさせる勝ち方で未勝利戦を突破したときには
先行きに大きく期待しましたが・・・残念ながら
リズムに乗り切れず(>_<)春を越して成長してきているので
この馬も秋に開花して貰いたいものです。

★3位ディアデルレイ(1-1-0-3)
新馬戦を勝ち、葉牡丹賞でも2着と健闘。大きく期待したものの、
京成杯の敗戦から間隔を空けずに挑んだ4戦目で心房細動を発症。
結局期間中には復帰は間に合いませんでした。
うーん、本当に残念。

★4位サンエルピス (1-1-0-2)
デビューが遅れて3月からになってしまいましたが、
それでもこの成績ならばかなり貢献してくれたと言って良さそう。
馬体を大きく落としているので、まずは体を戻して、
出来れば秋には芝も?!

★5位デアリングバード
最後の最後に間に合うか・・・という感じでしたが
体質の弱さから、結局デビューは延期。
キングカメハメハ産駒って結構こういう例があるような・・・

★6位エアカページ
どうやらゲート試験には通ったようですが、デビューまでには
こぎ着けられず・・・。
じっくり成長して貰いたいとは思いますが、やはり体質でしょうか?

★7位アルティマプリンス (0-1-0-0)
最後の最後にデビューしてくれたものの、惜敗の2着。
素質の高さには期待出来そうなので、これからの活躍に注目!
骨折頓挫が痛かったですね(>_<)

★8位ローハイド (1-3-0-2)
まったく仕上がっていない状態でデビューしたときには
どうなることかと思いましたが(爆)その後は堅実に走り、
ポイントを稼いでくれました。
共同通信杯はチャンスだったんですが・・・

★9位レッドアヴェニュー (0-0-0-1)
残念ながPOG期間中には間に合わず、6月に初出走となりましたが
出遅れて後方から何も出来ずに13着。
うーん、改めて立て直しを図るようですが・・・
400kgを切る馬体、というのはさすがに厳しい感じ。
秋までにどこまで成長しつつ、勝ち上がるとこまで仕上げられるか
頑張って貰いたいものです。うーん、やはりPOGでも馬体重の
データは欲しいですね・・・

★10位ジュエルプラネット (0-1-1-2)
なかなか仕上がらず、2月デビューとなりましたが、初戦からなかなか
将来性を感じさせる走りを見せてくれました。
が、しかし不良馬場の中京を使ったことが気性面に影響してしまったのか
ここ2戦は・・・うーん。クラシック最終便に乗って欲しかった馬だけに
使い方も考えて貰いたかったです(やはり厩舎も重要ですね:爆)

★11位ヒーラブズミー (0-0-0-6)
調教からかなり評判が良かった馬ですが、6戦して勝ち上がれず
すでに引退となってしまいました。2~5戦目まで最速の上がりを
繰り出しており、素質は高かったと思うんですけどね。
マイル以上の距離で見てみたかったです(>_<)残念。

★12位スナッチマインド (1-3-0-0)
7月にデビューして2着と健闘したものの、なんと蟻洞に罹ってしまい
2月まで間が空くというアクシデント。
病気が病気だけに厩舎のケアについても疑問を感じるわけですが
ひとまず、復帰後も順調に頑張ってくれて最後の最後に勝ち上がり。
まずは順調に秋まで成長させていって貰いたいですね。

★13位ミッキーラブソング (2-2-0-4)
かなりタイトなローテーションで使われてきましたが、
5月に入ってようやく勝利!期間は終わってしまいましたが
前走で連勝で500万下を突破!秋に大きく期待したいです。

★14位ノボリレジェンド (2-0-0-4)
前評判どおり、新馬戦を楽勝したときには大物か!と期待しましたが
そこから3連続二桁着順なんて憂き目をみるとは・・・(涙)
それでも4月には2勝目を達成!POG的にはよく貢献してくれた馬でした。

★15位トーセンデューク (0-0-1-0)
年明けの新馬戦で最速の上がりを繰り出して3着。
勝ち上がるのは当然、クラシックも・・と期待しましたが
どうやら体質が弱いようで、期間中はこの1戦だけ(涙)
素質はかなり高いようので秋以降に期待したいと思います。


秋の時点で勝ち上がりが連続し、これは・・・!と思ったものの
2勝目が異常に遠かった今年のPOG馬。
体質的な問題はあったにしろ、やはり順調に走ってくれてなんぼだなぁと
つくづく実感しました。

デビューした馬はそれなりに人気を背負っていたわけで
好素質馬を選べた点は手応えあり。
冬からの急な失速はちょっと運もなかった気もします(^^;

すでに今年の馬のデビュー待ちなので、今更ではありますが
今後のPOG馬選びのガイドラインをまた改めて整理していきたいですね。



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。