けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館SS(中間まとめ) 担【けん♂】

蓋を開けてみないと実際のところはわかりませんが・・・
函館SS(函館1200m)はおそらくストレイトガールの
一本被り、といったオッズになりそう。

GⅠで勝ち負け、という馬が出てくればここでは完全に
抜けて上位であることは明白で、余程調子を崩しているような
様子でも見受けられたら・・・というところですが、
馬体の出来を見た限りではおそらく問題なし。
フジキセキ産駒はこのレースで結果を出していますし、
牝馬、5歳、という点も強調材料。
この馬自身も函館で実績を残しており、割り引く材料が
見当たりません。

一応、対抗評価となると思われるのはフォーエバーマーク。
安定感のある馬ではありませんが、昨年のこのレースで3着のあと、
同条件で行われたキーンランドCを制覇。
ファルブラヴ産駒もこのレースへの適性は高く、
実績からすれば打倒ストレイトガールの一番手であることは
間違いなさそうです。
休養明けを叩いて馬体の状態も良さそうですし、頑張って
貰いたいですね。

正直・・・この2頭に逆らう、というのはかなり無謀かな、
というのが現時点での感想。

3着探し、というのはなかなか難しそうですが、
ある程度人気をしそうなスマートオリオン、クリスマスには
距離実績がなく、ローブティサージュは逆に短距離への適性が
あるか微妙なだけに、それ以外の馬から候補を探してくれば
ヒモ荒れは期待出来る気がします。

候補として考えられるのは・・・

・ガルボ
・アースソニック
・ツインクルスター
・セイコーライコウ

ガルボは1200mではまだ結果を出していませんが
マイル重賞を速い時計で制しており、短距離のペースでも
前々で競馬が出来ると思われます。
後方からになった高松宮記念を度外視するならば
直近の重賞でも上位争いしている実力馬だけに年齢的な衰えも
あまり問題なさそう。

アースソニックは前走でフォーエバーマークとクビ差の3着。
斤量差が0.5kg縮まることを考えると力関係的に期待感がありそうです。
京阪杯を勝った頃は前につけて競馬が出来ていたので、枠順次第で・・・

ツインクルスターは先行力を活かすタイプなので
函館替わりは大きな前進になりそう。
サクラバクシンオー産駒は函館でも結果を出しており
血統的な後押しにも期待出来そうです。
ただ・・・距離実績がないのでスタミナ的に?

セイコーライコウは休養期間が長かったので7歳馬でも
衰えなく頑張っています。
この馬も血統的な後押しに期待出来そうですが斤量の差が縮まったとして
どこまで力の差をうめられるか注目。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。