けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館SS(距離実績について2)   担【けん♂】

直線が短く急坂もない函館1200mですが、スタートから
ずっと上り坂となっており、意外なまでにスタミナを問われる
構造になっている感じ。

函館SS(函館1200m)の過去の上位馬のそれまでの
距離実績を見てみたところ(ココ)、1400m以上のレースでの
勝利、もしくは少なくとも複勝圏に入ったことがないと厳しい、
という結果になっていました。

逆に1200mの実績がない馬でも上位に食い込むことが
あるのが面白いところですが、08年3着のキングストレイルは
京成杯AHを1.32.6の好タイムで勝っており、スプリンターズSでも
4着に入っていました。05年2着のボールドブライアンも
東京新聞杯を1.32.3で勝利。

とりあえず、マイル重賞を好タイムで勝ってスピードの裏付けが
ある馬に関しては1200mの実績がなくとも及第点、
としておきたいと思います。

今年の出走予定馬について距離実績を見てみました。

距離実績:函館SS】
函館SS距離実績2
〇→勝利
△→複勝圏あり
×→実績なし
未→出走経験なし

1400mの実績がないのは・・・クリスマス、スマートオリオン、
ツインクルスター、ハノハノ、ブランダムール。

函館2歳Sを勝ったクリスマスは得意の舞台に戻って
復活に期待したいところですが、3歳で上位に食い込んだ
サープラスシンガー、テイエムオオタカはどちらも
1400m以上の実績があり、近走でもしっかりと結果を
出していた馬。
距離延長で失速した点は気になるところです。

スマートオリオンもかなり人気になりそうですが、
距離実績がない点はマイナス材料。
中山での時計もそれほど速いものではなく、スタミナを問う
展開になると厳しいかもしれません。

ストレイトガールも1400m以上では勝利がありませんが
ヴィクトリアマイル3着なら問題なし、と考えて良さそうかと。

1200mの実績がないローブティサージュは阪神JFの
勝利がありますが、時計は1.34.2とかなり足りず、
阪神牝馬S3着が評価出来るかどうか、という感じ。

ダート実績しかないサンライズブレッドはさすがに厳しそうですが
ガルボは1.32.8で東京新聞杯を制しており、スピード能力には
問題なし。どちらかと言えば1400mで結果を出している点でも
距離短縮は乗り越えられそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。