けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーメイドS回顧   担【けん♂】

荒れやすいレースの代表格として毎年楽しみにしているマーメイドSですが
今年は例年に輪をかけてメンバーが低調
天候の崩れはなかったものの、実力馬が展開に絡め取られる可能性に
賭けて予想をまとめてみましたが・・・考えることは皆同じ(笑)
中途半端な穴予想になってしまった感じです(^^;

予想は→ココ

結果は・・・

1着△ディアデラマドレ   1.59.4  上がり33.9
2着 コスモバルバラ     11/2
3着×フーラブライド
4着▲アイスフォーリス

7着△フロアクラフト
10◎ウエスタンレベッカ

※全着順は→ココ

思い切って先手を奪いに行ったのはアイムヒアー、外から続いて
コスモバルバラが積極的に2番手につけ、離れた3番手にウエスタンレベッカ。
スタート直後、少し内で手綱を抑えて外の馬を行かせた感じでしたが
前の馬と離れたことで、馬群の先頭に立たされて実質的なペースメーカーというか
目標にされてしまったのは大失敗。
位置取りの優位を活かせないのでは厳しいですね。

サンシャインが続き、少し手綱を引いてフロアクラフトがその後ろ。
続いてアイスフォーリス、カノン。

少し離れてサイモンガーランド、並んでシャトーブランシュ、その外を
ディアデラマドレ、それをマークするようにフーラブライド。

サトノジュピター、メイショウキラリは後方に控え、最後方にブリッジクライム。

12.2-11.1-12.6-12.3-12.1-12.2-12.1-11.5-11.3-12.0
前半1000m 60.3
後半1000m 59.1

過去のマーメイドSとの比較
マーメイド比較

前2頭が離して逃げているのでハイペースに見えましたが、
実はスローとまでは言わなくとも例年以上にゆったりとしたペース。
離れて追走した後方グループは相当スローで進んでいたことがわかります。

後半に入ってペースが上がり、4コーナー手前で苦しくなった
アイムヒアーをかわして、積極的にスパートをかけていった
コスモバルバラが直線に入っても後続を引き離して先頭。

データ的には年齢、脚質、馬体重、斤量負担と好走条件が揃っていた
コスモバルバラですが、大外枠に入ってしまったこと、
騎手が若手の岩崎騎手に乗り替わったということで割り引いてしまいました。
うーん、振り回すならこういう穴馬を狙わないといけませんね。猛省です。

ウエスタンレベッカ、フロアクラフトが追いかけますが、
その外にアイスフォーリス、さらに外からディアデラマドレが迫って来ており、
1~2馬身程度のリードでは残念ながら実力差を展開で絡め取るのは
無理がありました。

一気に外を抜けて進出したディアデラマドレが重賞制覇!
元POG馬の勝利に大感激・・・・なんですが、
こういうときに本命を打てていないのは残念無念(爆)

長く脚を使って追いかけてきたアイスフォーリスを
遅れて追ってきたフーラブライドがかわして・・・3着まで。

結局、積極的なレース運びでリードを活かしたコスモバルバラが2着に粘り、
高配当を演出することになりました。

レース後のコメント
1着 ディアデラマドレ(藤岡康騎手)
スタンド前からの発走でテンションが上がらないか心配でしたが、何とか許容範囲でした。
スタート良く、いい位置を取れましたが、最後は伸びる馬だと分かっていたので、
とにかくリズム良く走らせることを考えて乗りました。その通り最後は
いい脚を使ってくれました。これから大きな舞台で活躍してくれることを期待したいです


2着 コスモバルバラ(岩崎騎手)
2番手で終始いい手応えで、4コーナーでは手応えが抜群でした。
50キロの軽い斤量を生かしてレースが出来たと思います


3着 フーラブライド(酒井騎手)
勝ち馬の後ろにつけてレースを運びましたが、いつもなら直線坂を上がる時でも
グッと来るのに、今日はその感じがなかったです。56キロのハンデが微妙に
影響したのでしょうか


(木原一良調教師)
しっかりと調教してのプラス10キロだったので、体重増は気にしていませんでした。
56キロのトップハンデながらうまくこの馬なりの競馬をしたと思います。
この後は秋に備えるつもりです


4着 アイスフォーリス(和田騎手)
いい位置をいい形でレースは出来ましたが、手応えの割に伸びがいま一つでした。
左回りの方が合っているのかもしれません


5着 サンシャイン(幸騎手)
スタート良く、楽に前で競馬をすることが出来ました。ただ、勝負どころで
少し他の馬を気にするところがありました。最後はもうひと踏ん張りしてくれましたが、
他の馬を気にせずもっと集中していれば、もう少し差が詰まったのかもしれません


9着 ブリッジクライム(武豊騎手)
後方の位置からのレースでしたが、今日は力んで走っていました。
折り合って行ければ切れる脚を使う馬だと思いますが
...」

10着 ウエスタンレベッカ(高倉騎手)
道中、力んだ分、伸び切れなかったでしょうか。元々少し力んで
走るところのある馬ですから。もう少し伸びるイメージでしたが、
まだ休み明け2戦目なので、これから変わってくると思います


後方から進んだ実績最上位のフーラブライドを人気薄の先行馬が絡め取った、
という点では事前の考察通りでしたが、もう少し展開と位置取りを
考えるべきだったと反省。前の馬を狙うのならば可能性が少しでも
ある馬には印を回すべきでした(T_T)

こちらは不完全燃焼・・・来年こそしっかり燃え尽きられるよう
頑張りたいものです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは

せっかくディアデラマドレが重賞勝ったのに本命打たなかったんですねぇ(>_<。) 予想に元POG馬が絡むと難しいのでしょうか?
POGといえば自分らのドラフトも先週にありました。残念ながらけんさんと被った指名馬はいません。考える事は皆同じなようで早期デビュー予定の馬が軒並み上位で指名されてました。
おかげで自分も前半戦は苦戦しそうです。

名無し | URL | 2014年06月16日(Mon)00:25 [EDIT]


>名無しさん
基本的に思い入れ、というか心情と予想(考察)は
あえて線を引くようにしているので
今回のような勝利は嬉しい反面、複雑な気持ちに
なります(笑)

今回のPOGは日程を間違えたこともあって
本当に見切り発車(>_<)
いつ入厩してくれるかも微妙です。
後半に追い込んでくれることに僅かに期待です・・・

けん♂ | URL | 2014年06月16日(Mon)21:34 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。