けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安田記念(各馬分析2)   担【けん♂】

安田記念(東京1600m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

フィエロ】牡5 58.0 (栗東) ディープインパクト×(Danehill)
好位、中段から末脚を伸ばす脚質で(5-2-1-1)と非常に安定して好走。
スローからの切れ味は相当なものがありますが、ある程度締まった
流れでも脚を使えることを前走の読売MCで示したのは好感触。
東京で乗れている岩田騎手を擁している点もプラス材料ですし、
重い馬場をこなしているので天気が崩れても楽しみな1頭。

ホエールキャプチャ】牝6 毛 56.0 (美浦) クロフネ×(サンデーサイレンス)
古馬になってからの好走は東京に限定されており、今年に入って
東京新聞杯を制し、ヴィクトリアマイルでも僅かに足りない4着と好走。
ハイペースへの対応力も高く、現状では中段くらいから差す形の方が
持ち味を活かせるかもしれません。基本的には叩き2走目にピークがくるタイプ。
前走までは間を空けてきていたので叩いての良化があるなら
牡馬相手でも侮れないかも。

ミッキーアイル】牡3 54.0 (栗東) ディープインパクト×(Rock of Gibraltar)
新馬戦2着の後、5連勝でNHKマイルを制覇。一貫して逃げる形で
勝ち続けていますが、安田記念の平均ペースからするとかなりスロー気味で
結果を出しているだけに、ペースアップで脚が残るかは微妙なところ。
減っていた馬体を戻してきているので体調面には問題なさそうですし
斤量減もプラス材料。ただ前走の最後は横並びの結果だっただけに
古馬の一線級相手だと・・・

リアルインパクト】 牡6 58.0 (美浦) ディープインパクト×(Meadowlake)
11年の安田記念を制し、秋には毎日王冠でも2着と好走。
12年の安田記念は6着に敗れたものの、昨秋の富士Sで2着に入り
適性の高さを示しています。昨年末には初めて関西への輸送競馬で結果を出し、
阪神Cを勝利。ここ2戦はスプリント戦に挑戦して結果が出せませんでしたが
得意の距離、コースに戻れば見直しは必要かも。
ただし、このところの好走はスロー気味の展開となっており、以前のように
ハイペースを我慢する力は・・・微妙。

レッドスパーダ】牡8 58.0 (美浦) タイキシャトル×(Storm Cat)
超ハイペースとなった前走の京王杯SCを2番手から押し切って勝利。
年齢を重ねても能力は衰えておらず、ハマったときのレベルの高さは
若い馬にまったく引けを取っていません。
かなり極端に湿った馬場を嫌う傾向があるので、天候が崩れそうな
予報になっているのはマイナス材料。週末が晴れて前残りの展開があるなら
侮れない1頭になるかもしれません。

ワールドエース】牡5 58.0 (栗東) ディープインパクト×(Acatenango)
12年のダービーのあと長期休養、復帰戦の白富士Sでは5着に敗れたものの、
さらに大きく馬体を戻して充実した読売MCをレコード勝ちし
一気にマイル路線の頂点を狙う馬として浮上してきました。
締まったペースでも位置を取って競馬が出来るようになったのは
成長を感じる点。前走は極端な高速馬場だったので、レコードについては
そのまま評価は出来ませんが、まだ余裕を感じさせる内容だっただけに
底を見せていない印象。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。