けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安田記念(各馬分析1)   担【けん♂】

安田記念(東京1600m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

エキストラエンド】牡5 58.0 (栗東) ディープインパクト×(Garde Royale)
長めの距離で使われてきていましたが、年明けからマイル路線に転向。
いきなり京都金杯を制し、東京新聞杯でも2着、さらに読売MCでは3着と
重賞戦線で活躍を見せています。中段後方からかなりキレる脚が安定して
使えるのが強味ですが、前走のように前が止まらない展開になると
位置取りの差が出てしまう感じ。馬格がそれほどないので斤量がいきなり
2kg増えるのは不安材料になりそうです。

カレンブラックヒル】牡5 58.0 (栗東) ダイワメジャー×(Grindstone)
無敗の5連勝でNHKマイル、毎日王冠を制した馬ですが、その後大きく低迷。
基本的にスロー気味のペースを前で押し切るのが持ち味で昨年の
安田記念のように極端なハイペースになってしまうと脚が残りません。
昨秋のマイルCSは休養明けにマイナス体重となっており、体調にも
問題があった印象。阪急杯も超ハイペースで大敗してしまったものの、
少しペースが落ち着いたダービー卿CTで復活勝利を挙げました。
実質的に46秒台前半で800mを通過出来れば強力ですが・・・
安田記念はもっと極端なハイペースになりがち。
他の先行馬との兼ね合いに注目したいところです。

カレンミロティック】せ6 58.0 (栗東) ハーツクライ×(A.P. Indy)
先行力を活かして昨年の金鯱賞を制覇しましたが、間隔を詰めて
挑んだ有馬記念で▲10kgと馬体を落とした影響もあってか、
少々低迷気味。大阪杯では4着ながら8頭立てで前とは離されている完敗の
内容でした。1800mまでは対応していますが、マイル戦の実績はなく
ハイペース経験もないので、安田記念への適性はかなり低そう。
位置取りを悪くして・・・何も出来ず、という感じになるかもしれません。

クラレント】牡5 58.0 (栗東) ダンスインザダーク×(ダンシングブレーヴ)
安田記念への出走経験はありませんが、東京の重賞を3勝、
今年の東京新聞杯でも3着、前走の京王杯SCでも2着と安定して好走。
古馬になってからの東京実績は(3-1-2-0)と複勝圏を外していません。
本質的にはスロー気味の展開を好位から差し切るのが得意パターン、
前走のようにハイペースへの対応力を示しているのは好感ですが、
中途半端に差しが利く展開になるとキレ負けすることもあるので
ペースの想定が大きく影響しそうです。

グランデッツァ】牡5 58.0 (栗東) アグネスタキオン×(Marju)
アグネスタキオンの最高傑作、と呼ばれつつもクラシックでは結果が出せず
脚元の故障で長期休養。年明けに+22kgと大きく馬体を増やして
復帰しましたが、様子見でダートを使いつつ体を絞り、満を持して
芝に戻した前走ではレコードペースを前で追走し、さらに突き放して
5馬身差の大圧勝。上がりが速い競馬ではなく、純粋のペースが速い
内容でのこの時計には価値があると思われます。
次はエプソムC、という予定を早めてきているだけに状態は良さそうですが
脚元に不安があるだけにレコードの反動には不安がないでもないのが
気になるところ。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。