けいけん豊富な毎日

ダービー(末脚についての考察)   担【けん♂】

クラシックの舞台は中山(皐月賞)から東京(ダービー)へと移り、
距離延長とともに、構造的にも直線が長くなって末脚の能力が
問われる傾向が強まる
ことになります。

単純に考えれば・・・皐月賞を制したイスラボニータ末脚で
上回っていないと皐月賞組の中では東京で逆転は不可能
、ということ。

もちろん、レース中の不利だとか調子もあるので
一概には言えませんが、不利はまだしも、調子となると
この時期に立て直しを考えるとなると、やはりダービーで
巻き返しは難しくなりそうです。

皐月賞組の中でダービーに出走する馬は9頭。
その内、イスラボニータ(34.6)を上回る末脚を使っていたのは

・ワンアンドオンリー 34.3
・ベルキャニオン   34.5


この2頭だけ。

ワンアンドオンリーは0.3秒上回る末脚を使っていますが
東スポ2歳Sでもイスラボニータが34.1に対して
33.7ですから0.4秒差・・・どうやらあまり力関係は
変わっていないようです。

ベルキャニオンは共同通信杯でイスラボニータと対戦、
このときもイスラボニータが33.2に対し、ベルキャニオンは33.1
奇しくも皐月賞と同じく0.1秒差となっています。

オークスのときにふれましたが、東京競馬場の場合、
上がり3ハロンが0.1秒違うと、約0.64馬身差縮まる計算。

ベルキャニオンはイスラボニータのすぐ横くらいにいないと
逆転は不可能(爆)
ワンアンドオンリーはおよそ2馬身差くらいの位置を取って
4コーナーを曲がってくる必要があります。

・・・まぁあくまで机上の計算なので、実際にはコース取りによって
芝の差などもありますので誤差は出てくるとは思いますが、
コーナーリングで不器用な面が出がちなワンアンドオンリーは
かなり積極的に行かないと・・・逆転までは厳しいと思われます。

イスラボニータにしても枠順によって中段に控えるような形に
なるのであれば話はガラリと変わってしまうわけで
これまでどおり好位につけて行けるかどうかは大きなポイントに
なってしまいそう。


ダービー向き、ということで期待されるトーセンスターダムは
皐月賞では35.5とまるで脚を使えず11着と敗退。

それまで3連勝、きさらぎ賞で怪物バンドワゴンを破って
評価を高めた馬ですが、本来の末脚はどれほどなのか・・・

きさらぎ賞でほぼ同位置から3着に入ったエイシンエルヴィンと
トーセンスターダムの上がり3ハロンの差は0.2秒。

エイシンエルヴィンは青葉賞で34.1の末脚で7着。
もう少し前から脚を使ったワールドインパクトが34.2ですから
位置取りの差はあるものの、単純な末脚としては
エイシンエルヴィンが少し上、ということになります。

青葉賞の勝ち馬ショウナンラグーンは33.8の上がり。
エイシンエルヴィンとほぼ同じような位置から伸びて
0.3秒上回る脚を使っていました。

京都2歳Sではトーセンスターダムの上がりが33.6、
3着のサトノロブロイが34.5と0.9秒差。

同条件の福寿草特別ではサトノロブロイが34.4の末脚で勝っていますが
2着にはハギノハイブリッドが33.5の末脚で突っ込んできていました。

エイシンエルヴィン及び、サトノロブロイを軸として比較すると

トーセンスターダム≒ショウナンラグーン≒ハギノハイブリッド
  V
(0.2~3秒差)
※エイシンエルヴィン
  V
(0.1秒差)
ワールドインパクト
  V
(0.6秒差)
※サトノロブロイ


ハギノハイブリッドは共同通信杯で好位から一旦下げて、
改めて伸び直して・・・33.5の末脚。
前から脚を伸ばしたイスラボニータが33.2だったことを考えると、
内容的に末脚の面でも完敗だった、という評価。

非常に強引な比較論になりますが・・・(^^;

ワンアンドオンリー
  V
(0.2秒差)
ベルキャニオン
  V
(0.1秒差)
イスラボニータ
  V
(0.3秒差)
トーセンスターダム≒ショウナンラグーン≒ハギノハイブリッド


うーん、オークスのときのような穴馬はちょっと見当たらない感じですが、
おおよそのイメージは出来た気がします。
これに位置取りを加味すると・・・後方からイスラボニータを追い抜く、
というのはかなり厳しいことがわかります。
距離延長で脚が鈍るとか、位置取りが悪くなるとか・・・
隙があるとしたらその辺りになりそうかと。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック