けいけん豊富な毎日

ダービーの考察を始める前に   担【けん♂】

一昨年のダービー(東京2400m)の勝ち馬はディープブリランテ・・・
だったわけですが、残念ながらその後、国内で出走することなく
引退してしまい、すでに種牡馬として活躍中。
なんか遠い昔のことのような気がしてしまっています。

ちなみに・・・ディープブリランテが皐月賞3着から巻き返し、
ダービーで皐月賞馬ゴールドシップを破った
、というのは
実は意外なまでにレアパターンだったりします。

皐月賞馬が皐月賞で破った馬に負けた、というのは01年以降だと
他には02年、09年、10年の合計4回しかありません。

02年の皐月賞馬ノーリーズンは二桁人気からの激走だったわけで
タニノギムレットが巻き返したのは納得の話。
09年は不良馬場に脚を取られたアンライバルドが惨敗、
10年は超瞬発力勝負になり、キングマンボ系のエイシンフラッシュが
ヴィクトワールピサを破っています。

ネオユニヴァース、ディープインパクト、メイショウサムソン、
オルフェーヴルが2冠を達成・・・
ウオッカ、ディープスカイ、キングカメハメハ、そして昨年のキズナは
別路線からの参入となっていました。
(ディープスカイが勝った08年は皐月賞馬がダービー不出走)

特にNHKマイル組は皐月賞組を上回る評価をされるようなら
要注意ということになりますが、ミッキーアイルは出るなら安田記念になる模様。
いっそ距離延長を考えてみても面白そうな馬ではありますが、
マイル路線で好走し続けているだけにリズムを崩したくない、
という気持ちもわかる気がします。

馬場や展開に大きな影響がなければ・・・皐月賞馬はやはり強い
と考えるのが自然な流れのようです。

今年の皐月賞を制したイスラボニータはフジキセキ産駒として
初めてクラシックを制した馬。
ただし、皐月賞ですら距離不安が囁かれていた向きがあるわけで
果たしてさらに距離延長となるダービーでも能力を見せることが出来るのか、
注目したいところです。

皐月賞で敗れた馬が逆転戴冠した、という例を見直してみると
不良馬場で特殊な状況になった09年を除けば、
ディープブリランテ、エイシンフラッシュ、タニノギムレットは
全て皐月賞で3着に入っていた馬。

・・・ということはウインフルブルーム?!\(◎o◎)/!

まぁこういう「出目」には年を超えての関連性があるとは思えないので
あくまでオカルトですが(笑)ちょっと注目してみても面白いかもしれません。

過去の傾向からすれば余程特殊な展開にならない限り、
皐月賞組ではイスラボニータが優勢。
あえて逆転を狙うなら別路線組からの刺客を中心に考えてみた方が良さそうです。

青葉賞、京都新聞杯、プリンシパルSの内容に関しては
改めて見直してみたいですね。
あとは別路線中の別路線・・・桜花賞からのレッドリヴェール
どんな走りを見せるのか?!

今週もじっくり楽しんでいきたいと思います♪

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは~、いつも楽しみに拝見させて頂いております。

ダービーで、皐月賞馬が皐月賞で負けた馬に負かされることは少ないとありますが、単純に「先着での3着内」ということになれば、昨年のエピファネイアや古くはハーツクライ等も該当しますので、さほどレアケースという印象は無いですね。

こちらの記事はそもそも単勝に限定してのお話なのでしょうけど…。

DERBY WEEK | URL | 2014年05月26日(Mon)17:54 [EDIT]


けんさん、お疲れ様です。

なるほど「皐月賞馬が皐月賞で破った馬に負けた」は2桁人気の皐月賞馬や不良馬場など特別な年でしかないんですね(^^)
2000年以前には、ウイニングチケット、タヤスツヨシ、スペシャルウィーク、アドマイヤベガなど、皐月賞前からダービー最有力馬と思われていたような馬が、皐月賞敗退→ダービー1着となっているので考えたことがなかったです(^^;

近走の実績などのデータ以外に、ダービーを勝てるかどうかを判断していることがありまして

グレード制導入後1984年以降ですが、

1.前走と同じ騎手
※例外はシリウスシンボリ騒動で乗り替りがあったシリウスシンボリのみ

1.そのコンビで重賞勝ち
※例外は重賞出走歴のなかったシリウスシンボリ、フサイチコンコルド、重賞1戦皐月賞2着ウイナーズサークルの3頭

1.調教師はダービーが初G1勝利でないこと
※例外は過去に例のないくらい極悪馬場のロジユニヴァースの萩原清調教師

以上から今年の出走予定馬を絞り込むと

イスラボニータ
ショウナンラグーン
トゥザワールド
トーセンスターダム

4頭が残ります。

過去のデータから出現したことのない馬は、くるまで買わないことにしているので

青葉賞出走のダービー馬は皆無
きさらぎ賞1着のダービー馬(3頭)は全て皐月賞トライアル1着→皐月賞3着以内から

これに該当する2頭は消えます。

皐月賞1・2着馬のどちらかが勝つんじゃないかと考えている週初めです(^^;

たつごん | URL | 2014年05月26日(Mon)23:05 [EDIT]


>DERBBY WEEKさん
ありがとうございます(^^)/

そうですね。書き方に不備がありました。すいません。
皐月賞で負けた馬が皐月賞を勝つパターンに
限定して書いています。

・・まぁそれも過去にそうだったからって
これからもそうだとは限らないわけで
あくまで思ったよりも起こりにくいパターン、
という話です。

今年は新しい流れになるのか、その辺りにも
注目したいですね♪

けん♂ | URL | 2014年05月27日(Tue)11:02 [EDIT]


>たつごんさん
詳しい情報をありがとうございます。

イスラボニータは能力、実績、適性など
かなり期待出来ますが、唯一馬格不足が
どう出るか、と考えています。

データはそれ自体の取捨が難しいですよね。
上手く炙り出せるようじっくり考えたいと思います(^^)g

けん♂ | URL | 2014年05月27日(Tue)11:06 [EDIT]


 

トラックバック