けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークス(展開想定)  担【けん♂】

オークス(東京2400m)出走枠順を見ながらざっと展開について
考えてみたいと思います。

2400mの長丁場、今回はディルガがすでに経験済みではありますが
基本的にはどの馬も初体験になる距離なわけで、折り合いを重視するとともに
道中の消耗を極力避ける形で直線まで運んでいきたいところ。

スタート直後の位置取りも重要になりますが、一旦形が決まれば
なるだけラチ沿いにコースを取りたいわけで、自然と隊列が縦長へ。

最終3コーナーからのカーブで徐々に後続が押し上げていき、
隊列が縮まっていきますが、先行馬がどのタイミングで
ペースアップを敢行するかで、直線入り口での構図がガラリと
変わることになりそうです。

逃げ宣言をしているペイシャフェリスは内田博騎手に乗り替わり。
先週はヴィクトリアマイルを逃げ切っているだけに、陣営としては
柳の下に2匹目のドジョウを探したいところ。

内田博騎手が逃げた青葉賞のラップは

12.5-10.9-12.4-12.6-13.0-12.6-13.1-12.5-12.1-11.8-11.1-11.9

3コーナーでグッとペースを落としゆったりと加速しながら
直線に入る形。直線入り口での加速度は低く、
結果的に完全に差し決着を演出していました。

長い距離になるとペースを緩められるからか、直線に向けて
加速していますが、ヴィクトリアマイルをみても基本的には
4コーナー出口でペースを落として脚をためる形を作りがち。
要は長い直線を意識して、なるべく余力を残すような逃げ方をする
騎手だと考えられます。

最内に入ったベッラレジーナは中段の前くらい。

ディルガが好位の内から早目に仕掛けて前に並ぶ形へ。

マイネオーラムは前走で少し届かなかった反省を踏まえて中段前へ。

バウンスシャッセは積極的に先行集団の後ろくらい。

パシフィックギャルはウィリアムズ騎手。
先行集団に加わるくらいの位置を取ってきそうです。

シャイニーガールは好位の一角。

サングレアルは戸崎騎手に乗り替わり。
前走の内容から末脚を活かしたいところですが、馬格がないので
一旦下げて外に出せる位置を。

ヌーヴォレコルトは中段内をキープして早目に上がって
内を抜ける競馬をしたいところ。

ハープスターは大きく下げて後方から。

マーブルカテドラルはこのところ下げ過ぎて結果が出ていない感じも
あるので、中段くらいで踏ん張りたいところ。

マイネグレヴィルは積極的に前に寄せて先行気味に。

ニシノアカツキは下げて中段の外。

ブランネージュは少し押して出て、好位の前くらいへ。
この馬も積極的に4コーナーで競りかけていきたいですね。

マジックタイムは横山典騎手に乗り替わり。
極端に下げる可能性もありますが、ひとまず後方の外。

クリスマスはこの枠から無理して行く騎手ではないので
大きく下げて後方待機。

フォーエバーモアは難しい枠順。
サフラン賞では中段から差し切っているので極端に前に寄せて行くことは
なさそうですが、ホエールキャプチャで差し切れなかった反省を踏まえて
好位の後ろくらいに押し上げて行く形かと。

エリーザベストは中段くらいに押し上げて。

オークス展開想定

直線入り口での隊列はそれほど長くならない想定。
ブランネージュ、ディルガが早めに前に並んで抜け出しにかかり、
馬場中央からフォーエバーモア、内を掬ってヌーヴェレコルトが
追いかけて前へ。

外に出したサングレアル、ハープスターが追いかけて・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おはようございます
いつも楽しみにしています。

よく牝馬で「前走キレすぎた反動・・」という言葉を聞くのですが、今回のハープスターには当てはまらないのでしょうか。
また、一般的に反動が出るのはどういう条件の時なのでしょうか。恐れ入りますがよろしくお願いします。

たつのり | URL | 2014年05月24日(Sat)08:57 [EDIT]


おはようございます。

ハープスターの人気は超絶!?ですね!!(*∀*;)
ハープスターを外した3連単で一番つかないのが834倍で、1000倍を切るのが4点しかないなんて見たことがありません(★o☆)

あくまでも個人的な見解(邪推)ですが、
JRAも先週までの内有利な馬場を多少は作り直しているでしょうから?凱旋門賞に向けて桜花賞以上のインパクトのあるレースを期待したいです(^^;

たつごん | URL | 2014年05月24日(Sat)09:37 [EDIT]


>たつのりさん
ありがとうございます(^^)/

良く言われるのは「レコードの反動」
でしょうか。
レコードを出すような激走は体にも脚にも
負担になりやすいので、次走は思ったよりも
凡走する例が見受けられます。

ただ、ケアする技術も向上してきているので
反動自体は軽減されているのではないかと
思っています。

あえて、次走に反動が出るパターンを挙げるとすれば
・距離短縮(延長)
・馬体重減での激走

でしょうか。
距離の違いは体内時計に影響が出ることがあるので
短縮の場合は行きっぷりがよくなる代わりに
引っ掛かりやすくなり、延長の場合は
落ち着き過ぎて位置取りが後方になってしまったり
することが考えられます。

馬体重減での激走は仕上がっていた場合が多く、
次走は間隔を空けていないと体調が下降している
可能性が高いと思われます。

他にも重い馬場で走ることで走るのを嫌がるように
なってしまう、なんて例もありますね。

また何か疑問などありましたら是非
お願いいたしますm(__)m

けん♂ | URL | 2014年05月24日(Sat)22:23 [EDIT]


>たつごんさん
たしかに凄い人気ですね~
もしかして支持率の新記録も出るかも?!

凱旋門賞に向かうには少なくともここは
楽勝して欲しいところ。
なかなかこういう機会はないですし
是非頑張って貰いたいものですね。

けん♂ | URL | 2014年05月24日(Sat)22:30 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。