けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークス(体重別実績)  担【けん♂】

オークス(東京2400m)について見てみたいと思います。

体重別実績:オークス(04年~)】
オークス体重

440~460kgの馬が3勝、る460~480kgのゾーンの馬が5勝と
分け合っています。
ただし、例年の平均体重自体が450kg程度なので
出走頭数自体が多いゾーンでもあるわけで、割合的にも極端に
偏っているわけではありません。

牝馬限定戦ということもあり、480kgを超えてくると
出走頭数が減り始め、成績も微妙・・・。
500kgを超える馬は滅多にいませんが、今のところ実績はゼロ
となっています。

逆に440kgを切るような小型馬はかなり頑張っています。
勝ち馬こそ、04年のダイワエルシエーロが430kgだっただけですが
11年には436kgのピュアブリーゼが2着に逃げ残り、
12年も432kgのヴィルシーナが2着に入線、
昨年もデニムアンドルビーが432kgで3着に入りました。
2、3着にはよく絡んでいる印象。

あくまで傾向ですが、中型馬を中心に小型馬に流す、というのが
馬券戦略上では良いかもしれませんね(^^;

実質斤量負担別実績
オークス斤量

上記の表を実質斤量負担別にまとめ直してみました。
斤量は55kgに統一されているので、意味合いはまったく一緒ですが(爆)
線引きをするとすると・・・13.0%以上の馬は厳しい様子。
12.5%を超えると・・・ヒモ候補、特に3着までになりがちな傾向。
という感じで見て良さそうです。

平均体重は450kg~460kg台くらいになっていましたが
11年は447kg、12年は443kgと、小柄な馬が極端に多い年もあり、
そういう年は比較的小柄な馬が上位に入りやすい・・・というのは
出走頭数のバランスから見れば当然かもしれません。

消耗戦になればその中でも比較的大柄な馬が好走しやすい
傾向が出てくると思われるので、出走馬が決まったら
展開を考えつつ、斤量負担について見直してみたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。