けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークスの考察を始める前に   担【けん♂】

さて今週はオークス(東京2400m)です。

決着タイムは2.23台~2.29台と大きくばらついており、
年によって消耗度の違いがあるレースですが、おおむねスローの瞬発力勝負
昨年のような締まったペースになるのは稀なケースだと思われます。
2400mをフルに走れる能力がなくても、マイルをこなせる馬なら
意外に走れてしまう
、と言われています。
11年は短距離からマイルまでで活躍したデュランダルの産駒
エリンコートがオークスを制覇。血統のイメージに縛られ過ぎてしまうのも
危険であると思い知らされました(^^;

もちろん、基本的には短距離系統では少々厳しく、あとから考察する予定ですが
少なくともマイル以上の実績は欲しいところ。
この辺りで線引きが出来そうだと考えています。

東京で行われるGⅠということで誤魔化しがきかない力勝負になりやすく、
底力に欠ける馬には厳しい設定。

その意味で、桜花賞が阪神外回りコースになった影響は大きいと考えられます。

ざっと桜花賞とオークスの関係について書き出してみると・・・

07年
桜花賞1着のダイワスカーレットが熱発で回避。2着のウオッカは
ダービーに回ったため、上位不在になってしまいましたが
桜花賞4着のローブデコルテが優勝。

08年
かなりレベルが低い混戦模様と言われていましたが、桜花賞1着の
レジネッタがオークス3着、2着のエフティマイアが続けて2着と
上位馬は揃って連続好走。勝ち馬のトールポピーは阪神JFを
勝っており、桜花賞でも1番人気を背負っていました。

09年
ブエナビスタ、レッドディザイア、ジェルミナルという並びは
桜花賞とまったく同じ。3頭共に連続好走したというのは凄いですね。

10年
桜花賞を勝ったアパパネが同着ながら2冠達成。
馬場が湿っていた影響もありましたが、桜花賞2着のオウケンサクラは5着、
阪神JF2着のアニメイトバイオは4着と好走。

11年
雨の中のレース、桜花賞2着のホエールキャプチャは苦しい展開を
外から伸びて3着。桜花賞馬マルセリーナは先行有利な展開で後方に
下げてしまい届かずの4着。

12年
桜花賞1着のジェンティルドンナが2冠達成、2着も変わらずヴィルシーナ。
桜花賞3着のアイムユアーズは距離不安がありながらも4着と健闘。

13年
阪神JF、チューリップ賞、桜花賞と上位馬がガラリと入れ替わる
大混戦模様となった年。桜花賞は7番人気→2番人気→14番人気と
大荒れ気味になり、桜花賞馬アユサンはオークスでも4着に踏ん張ったものの、
2着馬は17着、3着馬は11着と大敗。フローラSで東京実績を示した
上位馬が2、3着に入り、血統的に距離延長が大歓迎となったメイショウマンボが
桜花賞10着から巻き返して戴冠。

桜花賞、もしくは同じ設定のGⅠの阪神JFでの好走は
オークスにつながりやすい、というのが近年の傾向ですが、
春までの力関係がはっきりしない年は別路線組や血統などに注目、
という感じでしょうか。

今の阪神1600mが高いレベルのスタミナとスピードを
求められるコース
なので、基本的には信用出来ると考えています。

今年は阪神JF2着から巻き返した怪物ハープスターが桜花賞を制覇。
2着には阪神JFを勝ったレッドリヴェールが入り、3着はチューリップ賞2着の
ヌーヴォレコルトと力関係的に上位組がはっきりしている印象。
例年の傾向で言えば・・・桜花賞の上位馬をそのまま狙うのが筋、
という感じだと思います。
ただし、レッドリヴェールはダービーに挑戦となったことで
その穴を埋めるのはどの馬か?というのが分かれ目。

今週もじっくり楽しみつつ考えていきたいと思います(^^)/

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。