けいけん豊富な毎日

ヴィクトリアマイル(各馬分析1)   担【けん♂】

ヴィクトリアマイル(東京1600m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

ウリウリ】牝4 55.0 (栗東) ディープインパクト×(フレンチデピュティ)
昨秋に馬体を増やしつつ充実。秋華賞本番では好位から失速して
10着に敗れてしまったものの、年明けの京都牝馬Sを制し、阪神牝馬Sでも
2着と牝馬限定重賞で上位争いを演じています。
ハマれば鋭い脚が使える馬で東京でも差し決着になるなら
面白い1頭になりそうですが、以前に輸送したときには大幅に馬体減。
調整の状況に注目したいところ。

エクセラントカーヴ】牝5 55.0 (美浦) ダイワメジャー×(A.P. Indy)
昨夏に4連勝で京成杯AHを制覇。強力な牡馬を破っている点は高く評価
出来ますが、その後骨折が判明。復帰戦の中山牝馬Sでは9着に敗れています。
極端に馬格がなく、重賞制覇時は52kgの斤量だっただけに55kgで
GⅠというのは不安がありそう。叩いての良化にも期待したいですが
戻っているかどうかは走ってみないとわからないのが・・・

エバーブロッサム】牝4 55.0 (美浦) ディープインパクト×(デインヒル)
まだ1勝馬ですが重賞で連続2着の後オークスでも2着と健闘。
昨秋は休養明けの輸送競馬が合わなかったこともあって連続二桁着順に敗れ
休養を挟んで+20kgと増量した中山牝馬Sでも15着に敗れてしまいました。
このところの凡走は理由があるだけに、東京コースならば見直しがあっても
良さそうです。馬体増は論外ですが、絞って出て来れたら面白い1頭に
なるかも。ただし、マイル戦で結果が出ていないのは不安材料。

キャトルフィーユ】牝5 55.0 (栗東) ディープインパクト×(Tejano Run)
安定して好位から競馬が出来るようになり、成績も良化。
昨年末の愛知杯で2着に入ると、中山牝馬S、福島牝馬Sと3連続で
牝馬限定重賞2着と力があるところを示しています。
好位から最後に差し込む脚を見せていますが、前に届き切らない点は
微妙なところ。斤量増、東京コース、という点を考えると上昇は疑問ながら
前優勢の展開になるなら・・・

クロフネサプライズ】牝4 55.0 (栗東) クロフネ×(トニービン)
ハイペースで流れた阪神JFを前で踏ん張り切り、チューリップ賞を
逃げ切り勝ち。桜花賞でも1番人気を背負いましたが4着に敗れ、
オークスでは距離の壁があったのか12着と大敗。
休養明けに+10kgで出走した前走の阪神牝馬Sでは8着ながら
横並び一線、着順ほどの差はなかっただけに順調な回復と見て
良さそうです。前でタフに脚が使える馬なのでペース次第では
東京でも踏ん張れそう。人気落ちならば面白い1頭になるかも。

ケイアイエレガント】牝5 55.0 (美浦) キングカメハメハ×(A.P. Indy)
ダートを使われたりしていましたが、昨年から芝に専念。
昨秋から先行力を活かして充実し、東京1600mの1600万下を
3馬身差の圧勝。中山牝馬Sでも2着に粘り、前走で福島牝馬Sを
逃げ切っています。ゆったりとしたペースで引っ張って脚を伸ばす
タイプなので他の先行馬との兼ね合いが重要になりそう。
前優勢の展開が作れたら・・・。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック