けいけん豊富な毎日

ダービー有力馬分析(考察⑦)    担【けん♂】

心配された天気ですが土曜昼の時点の予報では
土曜夜~日曜朝6時まで雨、その後天気は回復する見込み。
なんとか良馬場程度になるかもしれませんね(^^;

前回11頭だてと宣言したので、これからその11頭について
見ていきたいと思います。

アドマイヤメイン】柴田善
向こう正面をアイネスフウジンのように走り、そしてサニーブライアン
のように直線伸びてくる・・・表現が微妙ですね(笑)
しかしかつてダービーを逃げ切った馬たちと同等程度の力
持ち合わせている馬だと思います。今回もチャンスは十分あり!
問題は何度も言うとおり初騎乗になる鞍上の柴田騎手(^^;
発言が危ういんですよね・・、持ち味を殺してしまいそうで。
もうひとつ大きなポイントは横の枠にフサイチリシャールが
入ったこと。出足ではリシャールが上なので先に行かれてしまう
可能性があります。あっちの鞍上はボスなので思い切った騎乗を
してきそう。そうなるとこの馬の持ち味はかなり殺されて
しまいますね。リシャールとともにハイラップを刻むという
可能性もありますが・・。

メイショウサムソン】石橋
他の有力騎手も「サムソンが強い」「サムソンに乗りたい」と
コメントしてきているようで、たしかに隙がない馬。
ハイペースに強く、前につけて抜け出す競馬で不発が少ない、
重い馬場にも強く、距離延長も血統から問題なし、とくれば
文句のつけようがない感じです(^^;
あえて不安な点をあげるとすればキレる脚がないので
瞬発力勝負になると少々分が悪い、ということ。
そして使い詰めなので疲労が出るのではないか?ということですね。
ただし今回は馬場的にも後方からの馬の脚色がそんなに期待できないので
前気味の位置取りは有利と思われるし、疲労に関しても
使いながら馬体を増やし続けてきているので消耗は考えなくて
良さそうです。

アドマイヤムーン】武豊
クラシック以前の実績は文句なくNO1。
今回もあっさり勝ってもおかしくないだけの力がありそうです。
距離不安も囁かれていますがスイープトウショウの例があるので
問題ないのではないかと。
ラップ分析結果からハイペースに弱い可能性がある点が不安ですね(考察④
皐月賞の敗因がハイペースであるなら今回も危険。
しかし原因が弥生賞での消耗による体調不良、調教不足、であるならば
今回は完全に走り頃です。人気を不自然に落としているなら
狙い目ですね。

トーホウアラン】藤田
血統、素質、能力・・・大きな期待を背負っている馬です。
ただしまだ成長途上なので本来の力を発揮できるかは
わかりません。今回は能力は未完成でも素質と展開で
上位に紛れ込む可能性が高いと考えています。
馬体ができていないのと前走からの間隔不足で
調教が甘い点がどうでるか?馬体の維持が条件になりそうですね。

サクラメガワンダー】内田
今回が2回目の騎乗となる内田騎手。
前走の経験を活かせば最後方からではキツイことがわかるはず。
位置取りをどう取るかが鍵ですね。
あまり出脚のいい馬ではないのでふたたび後方からになる可能性も
高いので押さえ程度でしょうか。
爆発的な脚があるだけに東京コースに変更は期待されていますが
父のグラスワンダーはどちらかといえば東京が苦手
期待しすぎは禁物でしょう。

ジャリスコライト】横山典
東京コース2戦2勝・・・というのは強調材料としては不足。
雨の京成杯を勝ったことも弱メン相手に微妙な勝ち方だったので
雨が得意、とも言いがたいかと。
非凡な瞬発力は認めますが・・・やはり期待し過ぎは危険。
押さえ程度が適当だと思います。
混戦は騎手で買え、という観点からは押さえたいですが・・。

ドリームパスポート】四位
安藤騎手が「1800がギリギリ」とコメントしている点から
距離不安説がつきまとっていますね。しかし母系からも
2400はギリギリこなしてもおかしくないかも。
皐月賞では最内を突いて2着、今回はさすがに枠が厳しい。
それほどの脚があるわけではないので外を回されたら
問題外でしょう。そういう点で四位騎手次第という感じでしょうか。
押さえ候補というより切り候補のように考えています。

フサイチジャンク】岩田
強い、と思いますが・・・実際に強い馬と対戦したのは
皐月賞だけ。そのうえ不調のアドマイヤムーンに競り勝ったというのは
そんなに高く評価していいものでしょうか?
個人的には「危険な人気馬」だと考えています。
馬体が減り続けている点も注意。体調面での不安もありますね。
枠が大外になったのでどう考えても後方からの競馬に
なりそうですが後方一気が出来るほどの脚があるかというと
それもまた疑問。

マルカシェンク】福永
前走は大外を回して届かず。順当に考えればメンバー強化の今回
後方からでは届かない可能性が大。枠的にはサムソン、メインの
後ろにつけれる絶好のポジションなんですが・・。
福永騎手といえば2歳時に後方一気一辺倒だったラインクラフトを
桜花賞でいきなり前に持ってきて勝ったように思い切った騎乗が
できれば面白いと思います。問題はこの馬って気性に問題があって
出遅れやすいんですよね・・(^^;後方待機になったら厳しそう。
押さえまででしょうか。

ロジック】幸
NHKマイルとダービー連覇となるとキングカメハメハ級。
どう考えてもそこまでは期待し過ぎでしょう。
前につけても後ろにつけても今回は能力上位の馬がいるので
厳しいというのが正直なところ。
橋口厩舎は17年連続でダービー出走という記録がかかって
いるのでその名前に使われた公算が大なんじゃないかと(^^;
東京コースで勝った経験が活きて連に絡めば凄い!という程度。

フサイチリシャール】ボス
ある意味この馬がダービーの展開を握っていますね(^^;
関口氏の2頭出しのこのレース、メインつぶしの指令が
出ていてもおかしくないです。
メインに自分のペースで走らせないよう突っかける、もしくは
自らハナを切って大暴走まであるかも。
少なくとも遠慮するような状況ではないので
何かをしてくると思います。
増えすぎた馬体を持て余してきていますので
馬体減が好走の最低条件。
ただし、増えた馬体が成長分として活かされるような競馬が
出来れば・・・2歳チャンプの復活?!
大穴候補として面白い存在と見ています。

以上11頭に関するコメントでした(^^)。
最近絶好調の清水成駿氏は◎ドリームパスポートだそうで。
いきなりオッズが大きく変動した模様(笑)
すごいですね~!

ちなみに表紙に写った馬がことごとく飛ぶという
恐ろしい雑誌「関西競馬ブック」、今回の表紙は
皐月賞の4コーナー」シーン。
雑誌の担当者も今回こそは!と思っているのかもしれませんね(^^;
これだと皐月賞上位の馬がことごとく飛ぶということに・・
だとすると勝つのはアドマイヤメイン?マルカシェンク?
・・トーホウアラン?こっちも興味深いです。

以上を踏まえて予想はまた後でアップします。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック