けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞春(斤量負担分析)   担【けん♂】

天皇賞春(京都3200m)についてもう少し見ていきたいと思います。

実質斤量負担
天皇賞春実質斤量負担

基本的には中、大型馬が優勢な傾向。
480~520kgのゾーンの馬は出走頭数も多いですが
好走率も高めになっています。

520kgを超えてしまうと09年にアルナスラインが
2着に入っただけですが、そもそも頭数が少ないゾーンなので
判断が難しいところ。

ウインバリアシオンは馬体を絞りつつきていますが、
馬体写真を見る限り、今回はプラス体重かも。
(中間の計量では540kg:ただし数字の信頼度は微妙)

アドマイヤフライトもかなりの大型馬。
他にもヒットザターゲット、サトノノブレスも場合によっては
520kgを超えてくるかもしれません。

470kg前後辺りまでは好走域ですが、460kgを
切ってしまうようだとかなり厳しくなってきます。

基本的には小柄な馬の好走パターンは
・斤量に強い実績馬
・ステイヤー路線で安定して好走実績がある馬
・レベルに疑いがある大荒れ模様になる可能性がある年


これらの条件を満たした場合。
今年はレベルの上ではダービー馬や皐月賞馬、グランプリ勝ち馬、
昨年の勝ち馬など強豪ぞろいなので問題なさそうです。

オーシャンブルーは斤量に対する耐性が高いステイゴールド産駒ですが
安定感に欠けており、割引は必要かも。

フェイムゲームはダイヤモンドSを制しましたが、
実績を積み重ねるとしたらまだこれからの馬。
前走の斤量が55kgだったこともあり、まだ信用するのは
早い感じかと。

実質斤量負担では12.0%が好走の上限の目安になっていますが
ホッコーブレーヴは実績不足でオーバーは微妙。
アドマイヤラクティは一応及第点、という感じでしょうか。

今回は軒並み斤量増になっていますが、中では前走で58kgを
背負って勝っているキズナ、ゴールドシップの2頭が
斤量負担の面で推せる馬となります。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

POGの話題でスミマセン

こんばんは

本日ギャロップ臨時増刊丸ごとPOGを購入しました。

まだ全部読んでないですが、第一印象を。

「ハービンジャーに良血牝馬集まりすぎ。」
コメントも絶賛しているのが多いですが、どこまで信じて良いものか?
ハービンジャーを売り出す為の発言じゃないかと疑ってしまいます。

これだけ良血が集まれば、どれか当たるとは思いますが……。
今季のPOGでハービンジャー産駆の取捨選択は重要なポイントですね。

名無し | URL | 2014年05月02日(Fri)23:29 [EDIT]


>名無しさん
いやいや情報、本当に助かります!

まさしくおっしゃるとおりハービンジャー産駒の
扱いが来期のキモですね。

私は・・・思い切って嫌いたいと考えていますが
裏目に出たら爆死です(笑)

・おそらくは晩成であること
 (ハービンジャー自身が完成したのが遅かった)
・デインヒルの系統は日本では微妙

と現状では不安材料も多くいくら良血牝馬相手でも
うーん。種牡馬として成功したらそれはそれで
嬉しいことなので頑張って貰いたいですね。

けん♂ | URL | 2014年05月03日(Sat)09:37 [EDIT]


こんにちは

けんさんの仰るとおりハービンジャー産駆はなるべく避けようと思っているのですが……。
ノーザンFの牧場関係者がディープやキンカメの良血馬でも「まだ緩い。体質が弱い。成長待ち。体が硬い」等、結構本音を交えてコメントしているのに、ハービンジャーには絶賛している事が多いんですよ。


それからもう一つ。自分の好みの血統が堀厩舎に多く預託されています。あそこは厩舎内にごたごたがあるから好きではないのですが…。

名無し | URL | 2014年05月03日(Sat)10:57 [EDIT]


>名無しさん
ハービンジャー産駒の評判がいいことは
私も聞いているので、悩ましいですね。

メイショウサムソン産駒も評判が悪かった
わけではありませんし、こればかりは
賭けになってしまいそうです。

厩舎内のゴタゴタ!そういう情報も大事
なんですよね・・・私は残念ながらそちらは
疎くて、何もないに等しい状況です。
少なくとも厩舎ごとの特長なんかは
まとめたいと常々思っているのですが
なかなか手が付けられません(>_<)

けん♂ | URL | 2014年05月04日(Sun)06:53 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。