けいけん豊富な毎日

天皇賞春(各馬分析3)   担【けん♂】

天皇賞春(京都3200m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

ヒットザターゲット】牡6 58.0(栗東) キングカメハメハ×(タマモクロス)
昨秋の京都大賞典では前が崩れる展開を上手く後方から差し切って勝利。
その後のGⅠ戦線では足りない面を見せてしまいましたが、
年明けの京都記念、阪神大賞典と連続5着に入り、状態自体は
問題なく来ている印象です。ここ2戦の内容から上位馬との逆転を
期待するのは難しく、差し優勢の展開になったとしても
他馬との比較で割引き。

フェイムゲーム】牡4 58.0 (美浦) ハーツクライ×(アレミロード)
京成杯を連勝で制したものの、皐月賞では12着と大敗。
年末に+16kgと馬体を増やして復帰し、AJCCで3着のあと
ダイヤモンドSでは後方から押し上げてそのまま突き抜けて圧勝しました。
ここ2戦で少し絞り込んでいたことで間隔を空けたのは
マイナス材料になりそうですが、晩成型の血統どおり、
充実期に入ってきている感じです。休養明けの輸送競馬は
初めてになるので、調整面がどうか気になるところ。

フェノーメノ】牡5 58.0 (美浦) ステイゴールド×(Danehill)
昨年の天皇賞春を勝ち、宝塚記念に臨んだものの4着に敗れて長期休養。
復帰戦の日経賞では前が厳しい展開の中、5着に残ったものの、
▲8kgとデビュー以来最低体重に落ちていた点は気になるところ。
基本的に京都外コースが苦手なステイゴールド産駒ですが
前につけられる脚質なので問題なくこなせるのが強味。
体調さえ戻っていれば有力視出来ますが・・・

ホッコーブレーヴ】牡6 58.0 (美浦) マーベラスサンデー×(ダンシングブレーヴ)
ここまでの23戦中12戦で最速の上がりを記録(2番目の上がりは7回)
末脚はあるけれども位置取りが後方過ぎて成績が不安定になる
マーベラスサンデー産駒の典型例のような実績になっています。
前崩れ気味になった日経賞で2着と健闘しましたが
血統的には京都の方が合いそう。
ある程度の位置が取れて、末脚勝負になれば面白い1頭だと
思いますが、機動力がないので余程の差し決着にならないと
厳しいかもしれません。実績的にも不足。

ラストインパクト】牡4 58.0 (栗東) ディープインパクト×(ティンバーカントリー)
きさらぎ賞6着、青葉賞3着でクラシックには出走出来ず、
菊花賞でも4着。休養を挟んで復帰戦を勝ち、小倉大賞典で連勝を達成。
日経賞でも中段から3着に飛び込む健闘を見せました。
ある程度いい位置を取って競馬が出来るのが強味。
京都外回りコースでも勝利がありますが、大レースでは足りていない
成績だったのは気になるところ。
58kgを背負って上位馬との対戦となると・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【データ】天皇賞春2014 20年以上連対継続中!有力馬キズナのライバルになるのはこの馬? 

天皇賞春2014の展望です。 さっそくですが本日は枠順と最終追い切り次第では天皇賞春
[続きを読む]

ア ナ コ ー 【穴】馬を【攻】略するブログ~競馬予想~ | 2014年04月29日(Tue) 22:37