けいけん豊富な毎日

天皇賞春(年齢別実績)  担【けん♂】

天皇賞春(京都3200m)について見ていきたいと思います。

天皇賞春:年齢別実績(04年~)】
天皇賞春年齢

09年、10年と不振だった4歳馬ですが、11年にはワンツーフィニッシュを
決めており、12年は特殊な展開ながら3着に入線。昨年もフェノーメノが
勝ち切りました。

基本的に若い馬の出走数自体が多いレースですが
09年は2頭しか4歳馬が出走しておらず、実績的にも世代上位の
馬ではありませんでした。

10年は5頭の出走があったものの、やはりGⅠ馬は不在・・・
菊花賞2着のフォゲッタブルが1番人気を背負いましたが
前年から使い詰めできたところでダイヤモンドSから
間隔を空けての出走になり、失速してしまいました。
フォゲッタブルは翌年も出走しましたが、なんと14番人気(爆)
どれだけ押し出された人気だったかがわかります(>_<)

その前の05年~07年までは4歳馬が3連覇。
5歳馬は健闘しているものの、6歳以上の馬はかなり厳しい状況でした。

世代上位の4歳馬が出走してくるかどうかは天皇賞春の結果に
かなり大きく影響している、と考えられます。

6歳以上の好走例
・02年3着ナリタトップロード
・05年2着ビッグゴールド
・06年2着リンカーン
・09年1着マイネルキッツ
・10年1着ジャガーメイル、2着マイネルキッツ
・11年3着ナムラクレセント
・12年2着トーセンジョーダン
・13年3着レッドカドー

ナリタトップロードは1番人気、リンカーンはディープインパクトの2番人気
トーセンジョーダンは春秋天皇賞制覇が掛かっており3番人気
ナムラクレセントは5番人気でしたが、前走で阪神大賞典を圧勝しており、
実績と勢いを兼ね備えていました。
レッドカドーはせん馬なので7歳といっても実質的に少し若い扱い。
前走ではドバイワールドCで2着と好走しており、年齢的な衰えは
感じられない馬でした。

逆に05年、09年、10年は残念ながらメンバーの質とレベルに疑いが
ありました。4歳馬の数が少なく実績も不足している場合は
ベテランが頑張る
という感じでしょうか。

簡単なまとめ
・基本的に若い馬が優位(4歳、5歳が中心)
・4歳馬が少ない、もしくはGⅠ馬が不在の場合は高齢馬の好走に注意
・若い世代の頭数、実績が十分な場合は6歳以上の馬は上位人気に支持される、
 もしくは直近で結果を出している馬に限る


今年の登録馬の年齢

★10歳
ジャガーメイル

★9歳


★8歳
サイモントルナーレ※

★7歳
アスカクリチャン
サイレントメロディ
タニノエポレット

★6歳
アドマイヤラクティ
ウインバリアシオン
オーシャンブルー
デスペラード
ヒットザターゲット
ホッコーブレーヴ

★5歳
アドマイヤフライト
ゴールドシップ
フェノーメノ

★4歳
キズナ
フェイムゲーム
ラストインパクト

タマモベストプレイ※
バンデ※

※→除外予定

メイショウマンボ、エピファネイアの名前がないのは残念ですが、
4歳馬にはキズナがおり、5歳馬も昨年の勝ち馬フェノーメノ、
リベンジを狙うゴールドシップがいて若い世代は充実している印象。

6歳馬もトーセンラーがいないのは違和感があるものの(爆)
ウインバリアシオン、デスペラードといった実力馬が揃い、
なかなかの好レースが期待出来そうです。

※天皇賞春に8回出走(最高位3着)するという前人未到、そして
 おそらく今後も破られることはないであろう大記録を打ち立て、
 年明けの万葉Sを最後に惜しまれつつ引退したトウカイトリックですが
 京都競馬場で放牧中に重度の骨折を患い、予後不良となってしまいました。
 競争馬としてここまで長く活躍しながら、引退直後に故障というのは
 本当に残念な結末。
 それも自身が毎年目標にしていた天皇賞春の直前・・・ 
 いずれは天皇賞春の誘導馬に、という話だったそうですが
 もしかしたら自分が出走しない天皇賞春を見たくなかったのかも・・・(T_T) 
 生涯の走行距離はなんと175.1km
 他の競争馬の何倍も長く、遠く走り続けたトウカイトリック
 心よりご冥福をお祈りいたします。


余談ですが、最長走行距離(平地)となると現在も15歳で高知で現役続行している
セニョールベストになるそうです。
トウカイトリックと違い、短距離で使われている馬ですが
出走回数が392回(14年4月まで)と桁違い\(◎o◎)/!
これまでの走行距離はなんと475kmを超えています(爆)
これからも元気で長く頑張り続けて貰いたいですね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック