けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読売MC(展開について)   担【けん♂】

ちょっと時間がなさ過ぎてヤバい状態。

読売MC(京都1600m)の出走枠順が確定したところで
ざっと展開を考えたいところですが・・・余裕がないので簡単に
思っていることを記す感じで(>_<)

とりあえず・・・逃げ馬不在

小牧騎手のアドマイヤドバイ、酒井騎手のエールブリーズ、
和田騎手のカオスモス、この辺りが先手を取る形になりそうですが
それぞれ相手の出方を伺いながら、という感じになりそう。

小牧騎手はシルポートでこの条件を逃げ切ったことがありますが、
京都での逃げ方は道中に大きくペースを落とす後傾ラップを作る形。

和田騎手も京都で先行するのは得意パターン。
こちらもスローから後半にペースアップして前有利な展開を作るのが
得意
な騎手だと考えられます。

酒井騎手は・・・どちらかというと思い切って引っ張るタイプ、
というイメージ。

果たしてどの馬(どの騎手)が先手を取るのか・・・微妙ですが
それによっては有利な位置取りがガラッと変わってくるので要注意。

今回はディープインパクト産駒が極端に人気を被ることになると思いますが、
先行馬ボックス、という馬券も用意しておいた方が良さそうかと。

逆にディープインパクト産駒でも後方からになってしまいそうな馬
ちょっと割り引いた方がいいかも。

ワールドエースは内目の枠に入り、シュタルケ騎手が手綱を取るので
極端に下げることはなさそう。

フィエロは武豊騎手・・・うーん、トーセンラーのパターンを考えても
後方一気の形になるかもしれません。

オースミナインは池添騎手。以前に乗ったときには中段前から
競馬をしていたので、今回も下げ過ぎることはなさそうです。

エキストラエンドは川田騎手に乗り替わり。
外目の枠に入って・・・どう捌くかに注目したいところです。
このところはかなり下げる形で競馬をしているので
同じ騎乗をしてくるなら・・・うーん。

週半ばの考察で「ディープインパクト産駒を買っとけ
みたいなことを書きましたが・・・もちろん、その戦略はありだと思いますが、
配当的には旨みがなく、展開を考えると不安もあるのならば、
あえて逆に前につけるディープインパクト産駒以外の馬券狙い
ということも考えておきたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。