けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜花賞(斤量負担分析)   担【けん♂】

桜花賞(阪神1600m)出走馬についてもう少し見ておきたいと思います。

実質斤量負担
桜花賞斤量負担

今回の出走馬の平均馬体重(前走ベース)は・・・453kg

極端に小柄ではありませんが、例年より少し小型の馬が多いこと、
そして桜花賞で好走が多い480~500kgの馬が不在
ということが影響して少し軽い平均になっています。

好走域である480kg超えの馬がいないことで、その下の
470kg前後の馬が有力視出来そうです。
1番人気が予想されるハープスターは・・・476kg
うーん、この点でも隙がないですね(爆)

新阪神に改修されてから、スタミナを問うコース設定になった
影響からか、基本的には馬格がある馬が優勢。
逆に小柄な馬に関しては実質斤量負担で12.5%を超える
厳しい状況になっています。

チューリップ賞で好走したヌーヴォレコルト、リラヴァティ、
アネモネ賞を逃げ切ったペイシャフェリスといった新鋭は
斤量増がマイナスになってしまいそうです。
ひとまず条件的にはアウトゾーン。

阪神JFを制したレッドリヴェールは中間でもあまり
馬体が増えていないようで、どうやら420kg台での出走に
なりそうです。

斤量に対する耐性が高いステイゴールド産駒ですし、
すでにGⅠで結果を出しているだけに、大きな割引は
必要ではないと思われますが、斤量増はやはり不安材料。
例外視したい馬ではありますが、強くは推しにくい状況です。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。