けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜花賞(各馬分析3)   担【けん♂】

桜花賞(阪神1600m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

ペイシャフェリス】牝3 55.0 (美浦) スペシャルウィーク×(Cape Cross)
勝ち上がるのに4戦を要しましたが、菜の花賞で3着に入り、
年明けにはアネモネSを逃げ切り勝ち。
中京への輸送経験もあるので関西参戦もこなせそうではありますが、
馬格がない上に馬体減だったことを考えると負担にはなりそうです。
スタミナには問題がない馬ですが、時計の裏付けはなく
レースレベルも微妙。

ホウライアキコ】牝3 55.0 (栗東) ヨハネスブルグ×(サンデーサイレンス)
小倉2歳S、デイリー杯2歳Sを含んで無敗の3連勝を飾りましたが
阪神JFでは7着に敗れ、復帰戦のフィリーズレビューでも5着に
敗れてしまいました。手脚の柔らかい走りで平坦コースが合うタイプ。
マイルまでは問題なくこなせそうですが、気性面にきつさが
出始めており、ここでの巻き返しは微妙。

マーブルカテドラル】牝3 55.0 (美浦) ダイワメジャー×(エリシオ)
新潟2歳Sで5着に敗れた後、芙蓉S、アルテミスSと連勝。
しかし阪神JFでは5着に敗れ、後方からになってしまった
アネモネSでは位置を押し上げて脚を伸ばしたものの、
前の馬をとらえ切れず4着に終わってしまいました。
回転の速いピッチ走法で鈍らない脚が使えるのが強味ですが
キレは微妙で阪神外回りコースでは仕掛けどころと位置取りが
重要になりそう。

モズハツコイ】牝3 55.0 (栗東) クロフネ×(サクラバクシンオー)
ファンタジーSで2着と健闘しましたが、阪神JFでは後方から
伸び切れず8着まで。1400m以下では複勝圏を外していませんが
1600mでは掲示板もない、という成績で血統面からも距離の壁が感じられます。
休養明けぶっつけ本番になるので、成長分に期待したいものの、
普通に考えれば条件的に厳しそう。

リラヴァティ】牝3 55.0 (栗東) ゼンノロブロイ×(Singspiel)
未勝利戦を勝ち上がるのに4戦を要しましたが、関東遠征となった
フェアリーSで3着に粘るとチューリップ賞でも逃げて3着と
踏ん張り切りました。上手くスローペースを作ったのが大きかった
印象で本番でペースが上がるようだと厳しいかも。
馬格がないので斤量増もマイナス材料。

レッドリヴェール】牝3 55.0 (栗東) ステイゴールド×(Dixieland Band)
不良馬場の札幌2歳Sを勝ち、阪神JFでも中段から抜けて
無敗の3連勝。馬格が極端になく、前走がマイナス体重だったこともあって
中間は調整に専念したため、今回はぶっつけ本番になりますが
前走も3ヵ月の休養明けだったことを考えるとおそらくは
それほど問題はなさそうです。
斤量負担に強いステイゴールドの産駒ですが、斤量増はやはり
不安材料の一つ。位置取りと成長分に注目したいですね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。