けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜花賞(体重別実績)   担【けん♂】

桜花賞(阪神1600m)が行われる阪神競馬場は06年に改装されて
いるので、データとしては07年以降と06年以前とで分けて考える
必要があります。

ひとまず、改装前を含む02年からの5年間での体重別実績と
改装以降の07年からの7年間を並べてみました。

体重別実績:桜花賞(02年~06年)】
桜花賞体重旧

体重別実績:桜花賞(07年~)】
桜花賞体重

02年からの実績でみると出走頭数自体が多い440~460kg
ゾーンが好成績。古馬の重賞に比べるとこの時期の牝馬はやはり
かなり小柄な馬が多くなっていますね。

ただし、出走頭数の割合から見れば・・・480~500kgのゾーン
辺りまではほぼ差がない成績となっています。

改装以降のデータを見てみると・・・ちょっと傾向に変化が
出ていることがわかります。
明らかに480~500kgとバランスが取れた馬格のあるタイプの
好走割合が増えています。

それほど顕著ではありませんが、出走馬全体の平均体重も
以前に比べて少し増加傾向。
出走馬全体の平均体重と上位3頭の平均体重との相関係数をとってみると
0.7と相関が見られるという結果が出ています。

スタミナを問われる構造になったことによる好走馬の体格の変化、
ということは意識しておきたいところだと思われます。

実質斤量負担別実績:桜花賞(07年~)】
桜花賞斤量

12.5%を超えて上位に入っているのは08年のレジネッタ、エフティマイア。
08年は近年でも稀に見る不作の年(失礼^^;)で大荒れとなったわけで
データ的には例外視したいところです。
昨年も・・・力関係がコロコロ変わる微妙な年でした(オークス以降は少し安定)
2着に極端に小柄なレッドオーヴァルが入りましたが、やはり
こういう年は信用出来ません。

12年にも馬格の無いヴィルシーナが2着に入りましたが、
実力だけでなく、出走馬全体の平均体重が07年以降で最も軽く
447kgと小柄な馬が多かった影響もあったと思われます。


好走の上限は・・・12.5%

馬体重では440kgまではOKとなりますが、実質的には
08年、13年を除けば10年の3着馬エーシンリターンズ及び、
12年のヴィルシーナ以外は全て450kg以上の馬となっています。

ディープインパクト産駒が増えて、平均体重が下がってくる
可能性が高まっていますが、一応目安としては450kg
下限として考えてみたいと思います。

簡単なまとめ
 スタミナを問われるレースになり、馬格があるタイプが優勢に
 なってきているが、全体の平均体重が軽い場合は小柄な馬に
 出番があるので要注意。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。