けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪杯(斤量負担分析)   担【けん♂】

大阪杯(阪神2000m)について、おおよそまとめている
段階ですが、もう少しデータを整理しておきたいと思います。

実質斤量負担
大阪杯斤量負担
※キズナの馬体重はダービー当時のもの

おおよその過去の傾向としては
・11.0~11.5%の馬が優勢
・11.5~12.0%の馬はヒモ候補
・12.0%を超えると重賞実績、内回り巧者に限られる


といった感じになっています。

12.5%を超えてしまっているカレンミロティックは
重賞勝ちがあるので一応及第点と考えても良いかもしれませんが
内回り巧者ではないので・・・ここでは微妙。

キズナはおそらく昨夏よりは増量してくると思いますが
エピファネイアとともに58kgを背負うとなると
少し負担が厳しく、例年のパターンで言えば勝ち切れるかどうか
不安がある感じ。

好走ゾーンに入っているメイショウマンボは牝馬ながら
馬格があり、斤量負けしないのは大きいですね。
今回は斤量増となっていますが、まったく問題ないと
思われます。

前走から斤量が減っているショウナンマイティは
4歳実績馬に対して2kgの優位があるのは大きなプラス材料。
斤量面では巻き返しに期待したい馬、となりますが
あとは出来次第・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。