けいけん豊富な毎日

大阪杯(各馬分析1)   担【けん♂】

大阪杯(阪神2000m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

エピファネイア】牡4 58.0 (栗東) シンボリクリスエス×(スペシャルウィーク)
皐月賞、ダービーと連続2着。血統的に距離不安が感じられた
菊花賞では前からあっさり抜けて大圧勝。瞬間的に抜け出す脚があり、
内回りコースへの適性も十分。古馬になってから完成する血統だけに
順調に復帰出来れば先行きが楽しみです。
能力、大物感は世代No1を争う馬だけに内容にも注目。

カレンミロティック】せ6 57.0 (栗東) ハーツクライ×(A.P. Indy)
前につける脚質で安定して好走、昨年末の金鯱賞を制しましたが
有馬記念では途中から先頭に立つ形で6着に敗れ、前走の中山記念では
苦手な湿った馬場の影響もあってか途中からズルッと下がってしまい
14着と大敗してしまいました。好成績は外回りコースに偏っており
コース設定には不安がないでもないですが、自分のスタイルで
競馬が出来れば・・・

キズナ】牡4 58.0 (栗東) ディープインパクト×(Storm Cat)
弥生賞では5着に敗れてしまったものの、毎日杯、京都新聞杯、
ダービーと3連勝。秋には凱旋門賞に挑戦し、4着と健闘しています。
後方からの脚質で勝っているのは全て直線が長い競馬場。
ラジオN杯2歳Sで3着に敗れているように適性面では
ここでは割引が必要になりそうです。あとは能力でどこまで・・・

コアレスドラード】牡6 56.0 (栗東) ステイゴールド×(Bellotto)
徐々に力をつけ、昨秋に京都2000mで連勝、1600万下を
突破しました。しかし、満を持して挑んだ重賞戦線では朝日CC11着、
中日新聞杯13着と連敗大敗。後方から機動力を見せられず、
この血統らしい持ち味を発揮出来出来ずに力勝負では分が悪い感じです。
内回りコースになるのはプラス材料ですが、上位馬相手にまともに
ぶつかっても・・・

シゲルササグリ】牡5 56.0 (栗東) ブラックタキシード×(デインヒル)
前につける脚質で昨秋に1600万下を突破。阪神内回りコースで
3勝を挙げており、コース適性に関しては高いモノがありそうです。
その後の関東遠征で馬体を落としてしまい、重賞では完敗。
復帰戦の大阪城Sでは失速して12着と大敗してしまいましたが
得意コースに戻って叩いての良化があるかどうか。
とはいえ、力関係的には厳しそう。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック