けいけん豊富な毎日

大阪杯(年齢別実績)   担【けん♂】

大阪杯(阪神2000m)について見ていきたいと思います。

年齢別実績:大阪杯(04年~)】
大阪杯年齢

4歳馬が5勝と大幅にリード。
11年は4歳馬の出走頭数が多かった上に実力的にも上位評価だったこともあり
1~4着を4歳馬が独占。
12年は2頭しかいなかった内の1頭が勝ち切る結果となっていました。

09年、10年、13年と5歳馬、6歳馬が勝っていますが、
4歳馬が1頭ずつしか出ておらず、平均年齢自体が6歳を超えていました。
06年以前は平均年齢は5歳台で安定しており、4歳世代も2~6頭と
中心的な役割を果たしていただけに、年齢の偏りに関しても注意する
必要がありそうです。

6歳馬が1~3着を独占した10年は4歳馬が古馬相手に未勝利のシェーンヴァルト
1頭だけ、5歳馬も休養明けのヤマニンキングリー1頭だけ、ということを考えると
メンバーの中でも若い部類(爆)の馬が上位を占めたということになりそうです。

09年の唯一の4歳馬はダービー馬ディープスカイ。
ドリームジャーニーに敗れたものの、クビ差の2着と結果を出していました。

7歳馬で勝ったのは05年のサンライズペガサス。
9頭立てと少頭数で7歳ながら1番人気に推されていた馬で
02年にこのレースを制している適性的にも有力な馬でした。
前走で重賞2着と衰えがなく調子を上げていたことも考慮したいところです。

基本的には若い馬が圧倒的に優勢
若い世代が少ない、実績不足、馬場が湿って重馬場適性が影響する
といった特殊条件がなければ 4歳馬を中心に考えて良さそうですね。

今年の登録馬の年齢

★7歳
ダークシャドウ
トウカイパラダイス
ビートブラック
フラガラッハ

★6歳
カレンミロティック
コアレスドラード
ショウナンマイティ

★5歳
シゲルササグリ

★4歳
エピファネイア
キズナ
メイショウマンボ

今年も登録の段階で11頭と少頭数確定。
その点は残念ですが、実績のある古馬勢と強力な4歳勢との激突という
非常に面白いレースになりそうです。

凱旋門賞に挑んだキズナは国内復帰戦、菊花賞馬エピファネイアとともに
国内の古馬とは初対戦となります。
変則3冠馬メイショウマンボは天皇賞春に向かうとのことで
ここで牡馬相手にどこまでやれるかを見ておくことは重要なポイント。

迎え撃つのはショウナンマイティ、ダークシャドウといった
古馬実績馬ですが・・・近走の内容が微妙だけに力関係的にどうなのか、
これからを占う上でも興味深いですね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック