けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドバイワールドカップ回顧   担【けん♂】

さて、遅くなってしまいましたが日本に一足早い花満開を届けてくれた
ドバイワールドカップデイについて振り返ってみたいと思います。

※簡単な展望は→ココ

★ドバイデューティーフリー


ハナを切って行ったのはトウケイヘイロー&武豊騎手。
結果からするとかなりのペースで行っている感じですが
他馬も離れず一団となっての追走。

中段の外を追走したロゴタイプは4コーナーで被せて進出しようとしますが
前の馬が並んで隙間がなくなり、さらに外から被せられて少し窮屈な競馬に
なってしまいました。

後方を追走していたジャスタウェイはコーナーワークでも少し
遅れ気味になりましたが、直線に入って前を向いてからは・・・圧巻!

まさにあっさりと並ぶ間もなく馬群を抜き去り、あとは離す一方の大独走劇!

従来のレコードを2秒以上も短縮する素晴らしい時計で
世界に名前を轟かせました(^^)g

2着には南アフリカで6連勝しメイダンでも前走でGⅠを勝っている
ウェルキンゲトリクス。
3着にはBCフィリー&メアターフを勝ったダンク。
続いてムシャウィッシュと奇しくも前走で1着になった馬が
上位をズラッと占める結果となりました。

ロゴタイプは6着、トウケイヘイローは7着。
うーん、内容的には完敗だっただけに巻き返しに期待したいですね。

★ドバイシーマクラシック


なんとデニムアンドルビーがレースを引っ張るという予想外の展開。
好位の後ろの内にジェンティルドンナ、外にシリュスデゼーグルが張り付く形で
レースは淡々と進みました。

スタートしてすぐにマーズが外にふらついて逸走、外につけていた馬は
馬体をぶつけられて大きな不利を受けることになってしまいました。
ジェンティルドンナのすぐ後ろでの事故だったわけで、
マーズがあと少し前につけていたら巻き込まれる可能性もありました。
うーん、ギリギリセーフ(>_<)

少しずつ外に出して行こうとするジェンティルドンナのムーア騎手ですが
シリュスデゼーグルが外に張り付いて行かせません。

直線に入って、仕方なく内に切れ込む形の進路を向けたジェンティルドンナですが
前にいたデニムアンドルビー、アンビヴァレントが壁になってしまい
抜けるに抜けられず・・・

前が詰まって、外に・・・というところですが、シリュスデゼーグルが
外を塞いでジェンティルドンナを封じ込めて出させてくれません。

仕方なくジェンティルドンナが減速したのを見計らってシリュスデゼーグルの
スミヨン騎手がゴーサイン!うーん、さすがというべき呼吸です。

本来ならここで万事休す、というところですが・・・一旦ブレーキを
踏んだジェンティルドンナ無理やりステップを踏んだように外に出し直すと
再び一気に加速開始!

モタモタしたためにつけられた2馬身差をあっさりとひっくり返して
並ぶ間もなく抜き去ってゴールイン!
昨年のリベンジを見事に果たしました。

・・・いやー恐るべき能力としか言いようがないですね。
ジャスタウェイにも驚かされましたが、ジェンティルドンナには
度胆を抜かれました。\(◎o◎)/!
常識を覆す超実力馬・・・これはえぐい・・・

自分のスタイルで競馬が出来なかったデニムアンドルビーは結局10着。
展開的に仕方なかったのかもしれませんが、大舞台の恐ろしさを
浜中騎手も感じたかもしれません。

★ドバイワールドC


プリンスオブウェールズSで2着に入ったことがあるムカドラムが逃げ、
その後ろの外にホッコータルマエ。
後方の内にベルシャザールが続き、馬群は密集した形で4コーナーへ。

2番手の内から掬ってアフリカンストーリーが進出。
粘るムカドラムとの追い比べを制し、競り落として昨年5着に終わった
リベンジを果たしました。

ホッコータルマエはアフリカンストーリーに内から抜かれたところで
やる気を失くしたように失速・・・最下位に沈んでしまい、
ベルシャザールも前に迫ることも出来ずに11着と完敗。

うーん、今年のメンバー相手なら・・・とも思いましたが
壁は厚かったですね。
上位に入っているのはAW経験だけでなく、芝でも実績があった馬
どうやらスピードの絶対値、というものが必要だと考えられます。
いっそトウケイヘイローはこっちの方が・・・?(爆)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014年03月30日(Sun)22:12 [EDIT]


こんばんは

ドバイのレースは日本の馬と相性が良いですね。日本馬 特にサンデーサイレンス系が活躍しているイメージがあります。

ドバイの芝は日本の芝に近いのでしょうか?

名無し | URL | 2014年04月02日(Wed)00:54 [EDIT]


>名無しさん
競馬場の構造・・・ですかね~
直線が長いとか、そういう影響があるような
気もします。

期待していた馬とかが意味不明の凡走することも
あったりするのはやはり暑さと乾燥・・・?

もっと日本馬が立て続けに結果を出し続けたら
世界的な規模で血統界に影響が出そうですね♪

けん♂ | URL | 2014年04月02日(Wed)09:26 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。