けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神大賞典回顧   担【けん♂】

良馬場の阪神競馬場で阪神大賞典が行われました。
天皇賞春に向けて大事な一戦・・・ではありますが、9頭立てと
残念ながら少頭数。
岩田騎手に乗り替わったゴールドシップのレースぶり、
そして若い勢力がどこまで迫れるか・・・この辺りが注目のポイントでしょうか。

予想は→ココ

結果は・・・

1着◎ゴールドシップ   3.06.6  上がり34.5
2着△アドマイヤラクティ  31/2
3着▲バンデ
4着〇サトノノブレス

※全着順は→ココ

逃げて行ったのは想定どおりバンデ。
2番手に・・・なんとゴールドシップ!クビを大きく振って少し掛かり気味。
岩田騎手がグッと手綱を引いて我慢させていましたが、場合によっては
逃げる競馬も出来るかも、という行きっぷり。

離れてエーシンスピーダーが続き、さらに大きく間を空けて
サイモントルナーレ、アドマイヤラクティ、そしてサトノノブレス。
エーシンミラージュに続いて、出遅れたタマモベストプレイが後方2番手。
最後方にヒットザターゲット。

先行気味に行くと考えていたサトノノブレスはキレる脚がないだけに
スタートで少し遅れ、大きく控えたことで実質的に洋ナシ。
うーん、浜中騎手がテン乗りだっただけに難しい面があったのかもしれません。

13.3-12.2-12.7-12.5-12.5-12.4-12.6-12.9-12.8-12.4-12.7-12.6-11.8-11.3-11.9
前半1000m 63.2
中盤1000m 63.1
後半1000m 60.3

道中は多少の上げ下げがあるものの、ゆったりと緩めて脚をためながらの逃走。
内回りの競馬場の影響かいつもより少しタイミングは遅い感じですが、
ロングスパート気味に4コーナー手前から急加速。
一気に流れが速くなっていますが、そんな中で後続のグループは
さらに速い脚を使って前に寄せて行っていることになります。

バンデを抜き去ってゴールドシップが先頭に躍り出ると
あとは離す一方の快進撃。
このところの鬱憤を晴らすような見事な伸び脚でこのレースの連覇を
飾りました。
無駄に動きが激しく感じたので最後の消耗が心配でしたが
まったくの杞憂でしたね(^^;
気性面のリフレッシュも出来ているようですし(逆に活気があり過ぎ?!:爆)
後方から強引な競馬をするのではなく、前につけて脚を伸ばせるなら
天皇賞春でもチャンスはありそうです。

ゴールドシップに抜かれてズルズルと下がってしまいそうに見えた
バンデですが、外から迫ったアドマイヤラクティと並んで譲らず
直線では競り合いながら追い比べ。
最後は僅かにアドマイヤラクティが前に出て2着に入りましたが
バンデの根性も十分に評価して良さそうです。

直線までに脚を使わされてしまったアドマイヤラクティにとっては
厳しい競馬になりましたが、やはり能力は一枚上手。
逆に引き離されてしまったサトノノブレスとの差がはっきりと
出てしまった感じです。

レース後のコメント
1着 ゴールドシップ(岩田騎手)
位置取りはどこでもいいと思っていました。ただ、単騎逃げの縦長の展開に
ならないように注意していました。やや掛かり気味でしたが、追走も楽でしたし、
大トビのパワーのある走りでした。最後まで止まる気配もなく、さすがGI馬です。
勝ててとにかくホッとしています


(須貝尚介調教師)
精神的にもいいコンディションでしたし、岩田騎手も落ち着いて誘導してくれました。
プラス10キロも想定通り、ちょうどいい体になっていました。
馬もスタッフもよく頑張ってくれました。グランプリホースとしてここでは
負けられない気持ちでしたし、良かったです。この後は天皇賞を目標に調整します


2着 アドマイヤラクティ(四位騎手)
ゴールドシップにあの競馬をされてはつかまえ切れません。
自分の馬のパフォーマンスは出来たと思いますし、初めて乗せてもらいましたが、
とても乗りやすい馬でした


3着 バンデ(松田騎手)
物見をしていました。若さがかなり残っています。
まだまだ伸びしろはあると思いますが...残念でした


4着 サトノノブレス(浜中騎手)
ウォームアップの時からテンションが高かったです。ゲート内でも待たされて
馬が我慢出来ず、少し立ち上がった時にゲートが開いて、タイミングが合いませんでした。
本当はもう少し前の位置でレースがしたかったんですが...


6着 エーシンミラージュ(バルジュー騎手)
頑張って走っています。最後のコーナーまではスムースでしたが、
直線で思うような脚が使えませんでした


9着 エーシンスピーダー(太宰騎手)
芝でも上手に走っていました。芝も問題ないと思います

岩田騎手の慎重な性格と責任感の強さが出たコメントですね(^^)g
負けないために気を配って、周りが良く見えている感じ。
天皇賞春でもしっかりと位置を取って勝ちに行く騎乗が期待出来そうです。

トーセンラーが京王杯SCから安田記念という謎のローテ(笑)
となったので、あとは日経賞で復帰するフェノーメノの出来に注目。
昨年は極端な1番人気に推されて裏切ってしまいましたが、
ゴールドシップ陣営としてもリベンジに気合が入る内容だったと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 けんさん

 こんばんは、いつもお疲れ様です。
的中おめでとうございます!私は絞りすぎてハズレました…
いや~ビックリしました、先行するかも?と思ってましたが
まさか!2番手追走するとは?それで最速上がりを出されて
は圧勝しますよね(笑)

ホント「馬も生き物」なんですね、まあ休んでリフレッシュ効果も大き
かったかもしれませんが…これで春天もと期待すると怖いステイ
産駒ですからね(笑)


 

マロン | URL | 2014年03月23日(Sun)23:45 [EDIT]


ゴールドシップ

けんさん、おはようございます。

ゴールドシップ、圧勝でしたね。
馬券は買いませんでしたけど、昔好きだった馬があんな走りを見せてくれるなんて驚きでした。
馬の気分なのか、騎手の腕なのかは分かりません。
天皇賞・春を勝って、宝塚記念連覇して欲しいです。
もう一度だけ(一度だけ?)騙されたつもりで応援しようかな。
東京コースでは手を出しませんけど。

すなやん | URL | 2014年03月24日(Mon)07:23 [EDIT]


>マロンさん
ありがとうございます(^^)/

岩田騎手なら下げはしないだろうと思っていましたが
2番手であそこまで積極的に行くとは・・・
さらにそこからあれだけ伸びられたら
他馬はたまりませんね(^^;

天皇賞春でも同じ競馬が出来たらチャンスは
ありそうですが・・・おっしゃるとおり
ステイゴールド産駒だけに(笑)かえって
扱いが難しくなったかもしれません(爆)

けん♂ | URL | 2014年03月24日(Mon)21:48 [EDIT]


>すなやんさん
復活勝利は嬉しかったですね♪

今回は走り方から何か違うような感じ。
この勢いなら・・・と期待感が持てそうです。

たしかに東京ではちょっと手が出せませんね(笑)
やはりステイゴールド産駒はグランプリでこそ、
だと私も思います。

けん♂ | URL | 2014年03月24日(Mon)21:52 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。