けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神大賞典(斤量負担分析)   担【けん♂】

阪神大賞典(阪神3000m)は昨年と同じく9頭立てと
寂しいメンバーとなりました。

もうおおよそ形は決まっていますが、ひとまず斤量負担についても
見ておきたいと思います。

実質斤量負担
阪神大賞典斤量負担


データ的には「斤量負担が重い方が好走する」という傾向が
出ていますが、内容を見ると極端に斤量負担に強い特定のリピーター、
もしくは超実力馬が数字を押し上げており、実質的には

12.5%~ 斤量に強いリピーター、超実績馬
~12.5% ヒモ候補
~12.0% 有力候補


という形になっています。

ただし520kgオーバー(~11.0%)になってしまうと
逆に厳しくなっているので注意。

今回のメンバーでは12.5%を超える馬はおらず、
サイモントルナーレがヒモ候補のゾーン。
前走から大幅に斤量増となっており、実績を考えても
一番厳しい負担を背負って期待出来る馬ではなさそうです。

エーシンミラージュは520kgオーバーの大型馬。
こちらもあえて過去の傾向を覆す好走を期待するほどの
実績ではなさそうかと。
ヒットザターゲットも器用に脚を使えるタイプではないだけに
馬体の重さが負担になってきそうです。

トップハンデのゴールドシップは前走より1kg増えて
2番目に斤量負担が厳しい馬となっていますが
実質斤量負担としてはまったく問題ない範囲。

前走で勝っているのに斤量負担が減っているバンデが
斤量面で推せる馬ですが、11.0%を切ってしまっており
データ的には微妙。
同じくサトノノブレスも過剰な期待は禁物かも・・・。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。