けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神大賞典(各馬分析2)   担【けん♂】

阪神大賞典(阪神3000m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

サトノノブレス】牡4 56.0 (栗東) ディープインパクト×(トニービン)
菊花賞ではエピファネイアに離された2着、休養を挟んで
復帰した日経新春杯では+20kgと馬体を増やし、先手を取って
逃げ切り勝ちをおさめました。
メンバーが低調だった上に、周りが迫って来なかったことで
脚をためまくって直線勝負に出たルメール騎手の好騎乗が光った印象。
本質的にはキレる脚がない感じなので、いかに前から抜け出して
セーフティリードを作るかが今回も鍵になりそうです。
叩いての上積みにも期待出来そうですが、最後の脚は鈍り気味。
上位馬相手だと善戦マンになりそうな感じもあるので
今回の内容には要注目。

タマモベストプレイ】牡4 55.0 (栗東) フジキセキ×(ノーザンテースト)
体型、走りの内容から見ると長い距離もこなせそうですが
戦績からすれば2000m以上のレースでは実績ゼロ。
兄ほどではないにしろ、長距離適性のタイプではなさそうです。
有馬記念では前崩れの展開に乗って中段から進出し
5着と健闘しましたが、上位馬とは末脚に大きな差があり
内容的には微妙。

バンデ】牡4 55.0 (栗東) Authorized×(Priolo)
不良馬場の中、逃げた菊花賞では3着に粘り込み。
休養明けの前走でも雨の中、逃げ切って復活勝利を飾りましたが
6頭立てと超少頭数だった上に相手関係が微妙だったので
まともに評価するのは難しい感じです。
+18kgと馬体を増やしてきているので、叩いての良化には
期待出来そうです。一貫して長い距離を使われてきており、
血統的にもスタミナには問題なし。
先行力を活かしてどこまで・・・。

ヒットザターゲット】牡6 57.0 (栗東) キングカメハメハ×(タマモクロス)
ハイペースの前崩れの展開となった京都大賞典では後方で
知らん顔をしていたことが功を奏して差し切り勝ち。
阪神内回りコースの宝塚記念では12年、13年とともに11着に
敗れており、前優勢になりやすいコース設定だけに脚質的に
合わない印象です。

ワールドブルー】牡8 56.0 (栗東) Fusaichi Pegasus×(Sadler’s Wells)
12年春に芝で1勝を挙げましたが、その後また低迷。
一旦は障害に転向しましたが、また平地に逆戻り。
年明けからの2戦もいいところなく敗れており、
出てきたとしても芝の重賞で何が出来るのか疑問。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。