けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山牝馬S(過去の勝ち馬の馬体)   担【けん♂】

過去の中山牝馬S(中山1800m)の勝ち馬の馬体写真を並べてみました。
※阪神開催だった11年の分は割愛、
 写真がなかった馬については近い時期の写真を載せています。

【マイネイサベル】
(13中山牝馬S)
マイネイサベル13中山牝馬

【レディアルバローザ】
(12ヴィクトリアマイル)
レディアルバローザ12VM

【ニシノブルームーン】
(10中山牝馬S)
ニシノブルームーン10中山牝馬

【キストゥヘヴン】
(09中山牝馬S)
キストゥヘヴン09中山牝馬

【ヤマニンメルベイユ】
(08ヴィクトリアマイル)
ヤマニンメルベイユVM

【マイネサマンサ】
(07中山牝馬S)
マイネサマンサ07中山牝馬

【ヤマニンシュクル】
(06中山牝馬S)
ヤマニンシュクル06中山牝馬

【ウイングレット】
(05京都牝馬S)
ウイングレット05京都牝馬S

【オースミコスモ】
(04中山牝馬S)
オースミコスモ04中山牝馬

【レディパステル】
(02エリザベス女王杯)
レディパステル02エリザベス女王杯

【ダイヤモンドビコー】
(02中山牝馬S)
ダイヤモンドビコー02中山牝馬

※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより

08年~10年の写真などはまるで同じ馬の写真かと思うくらい
体型が似ています(^^;
昨年のマイネイサベルも07年のマイネサマンサのシルエットに類似。

05年のウイングレット、06年のヤマニンシュクル、
12年のレディアルバローザのように下半身が発達した馬もいますが、
重要なのは上半身の出来。
厚みだけでなく、深みがあった方が良さそうです。
基本的には上半身に偏った馬体というのが共通点に
なっているようです。

下半身は少し後方に流れ気味、持続力に長けた形で
まとまっている感じ。

クビは高からず、低からず、力強く上半身がしっかりと
支えています。

1番人気の馬が裏切り続けているレースですが、
近年で競馬ブックに写真が取り上げられていなかったのは
ヤマニンメルベイユ、そして昨年のレディアルバローザの2頭だけ。
※05年、02年は中山牝馬Sの写真リスト自体がありませんでした。

基本的には実力的に評価されている馬を重視すべきレースだと
考えられます。
ただし、実績よりは適性重視・・・という感じでしょうか。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。