けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生賞(各馬分析2)   担【けん♂】

弥生賞(中山2000m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

エイシンエルヴィン】牡3 56.0 (栗東) Shamardal×(Monsun)
中段から届かない競馬で連敗しましたが、好位からの脚質にシフトして
3戦目に勝ち上がり。休養を挟んで臨んだきさらぎ賞でも
前に離されながらも3着と健闘しました。
前走で大幅に馬体を戻して増やしてきているので、叩いての上積みには
期待出来そうですが、ジャイアンツコーズウェイの系統は
中山では今のところ未勝利。関東への輸送をこなしている点は
プラスとしてもコース替わりが後押しにはならないと思われます。

キングズオブザサン】牡3 56.0 (栗東) チチカステナンゴ×(サンデーサイレンス)
それなりに締まった流れになり、後半に消耗度が高くなった葉牡丹賞で
好位の前から凌ぎ切って2勝目。前につけた馬がことごとく沈んで
2着以下は差し、追い込み勢だったことを考えるとかなり価値のある
内容だったと思われます。前走の京成杯ではスローペースの中、
位置を押し上げて抜けましたが、勝ち馬の決め脚に屈して2着。
異なるペースでも対応出来た点は評価出来そうです。

サトノロブロイ】牡3 56.0 (栗東) ゼンノロブロイ×(Distorted Humor)
京都2歳Sでは2番手から前に及ばず、後ろの馬に差されて3着。
朝日杯FSでが好位から伸び切れず8着に敗れてしまいましたが、
前走の福寿草特別では大きく逃げた前の2頭が大失速した隙に抜けて2勝目。
後続の脚色を考えると、位置取りが功を奏した感が強く
内容的には高い評価は出来ません。
中山への輸送経験があるのは強味ですが、軽い馬場が合う印象で
本質的にはプラス材料にはならなそう。

タイセイクルーズ】牡3 56.0 (栗東) クロフネ×(サンデーサイレンス)
芝で2戦して勝ち上がれずダートに転向。上位レースでは及ばないものの
2勝を挙げています。新馬戦では芝でもそれなりに末脚が使えていたので
対応出来ないわけではなさそうですが、成長分を苦慮したとしても
あえてここで狙いたいほどの内容をダートでも見せていないだけに
芝の上位馬相手では厳しそう。

トゥザワールド】牡3 56.0 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
新馬戦ではバンドワゴンに突き放されて2着に敗れてしまいましたが
素晴らしい決め脚を見せて京都2歳S未勝利戦を勝つと、黄菊賞、若駒Sと
3連勝を飾っています。それなりのペースでもある程度前につけていける点、
決め脚がある点など、高い評価が出来る馬なので中山でも素質で
クリア出来る可能性は十分。前走で馬体を戻して増やしており
上積みにも期待出来そうです。
※通りすがりのさん、ありがとうございますm(__)m

ワンアンドオンリー】牡3 56.0 (栗東) ハーツクライ×(タイキシャトル)
グダグダのスローペースとなったラジオN杯2歳Sでは中段から
一旦前が詰まりながらも外に出し直して完勝。
脚先が柔らかい走りで上手くスピードに乗ればかなり長く良い脚が
使えそうな感じですが、コーナーワークが少し不器用で
本質的には中山が合う感じではなさそう。
休養明けになるので輸送競馬でどうなるかにも不安がありそうです。

ブラックヘブン】牡3 56.0(招待)パイロ×(アルワウーシュ)
大井競馬場の1400m、1600mで2勝していますが
全日本2歳優駿では7着に敗れ、前走のOPでも振るわず7着。
芝が合う血統とも思えず、ダートのレース内容を見ても
中央の馬相手に期待したくなるようなレベルではなさそう。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014年03月04日(Tue)20:55 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。