けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山記念(各馬分析1)   担【けん♂】

中山記念(中山1800m)の出走予定馬について見ていきたいと思います。

アドマイヤサガス】牡6 56.0 (栗東) フジキセキ×(Gone West)
芝でもデイリー杯2歳S2着の実績がありますが、3歳夏からは
ダートに専念。マイル以下の距離でOP勝ちをしています。
先行力が身についたのは芝でもプラスになりそうですが、
距離延長で強力なメンバー相手となると狙える条件が足りなそうです。

アユサン】牝4 55.0 (美浦) ディープインパクト×(Storm Cat)
阪神JF7着、チューリップ賞3着から巻き返し、桜花賞を制覇。
オークスでも中段から脚を伸ばしたものの、上位馬に脚色で及ばず
4着に敗れ、そこから長期休養。秋を脚部不安で全休したことで
今回は9ヵ月ぶりとなります。
桜花賞のレベル自体には疑問があったものの、抜け出して迫られてから
さらに伸び返す余力たっぷりの勝ちっぷりを見せており
成長分を合わせてどこまで出来るか注目したいところ。

アルキメデス】牡5 56.0 (栗東) アドマイヤムーン×(Seeking the Gold)
短距離路線で結果を出している馬が多いアドマイヤムーン産駒ですが
この馬は中距離で活躍。春に連勝し、秋に馬体を増やして復帰すると
さらに連勝で朝日CCを制覇。好位、中段からかなりキレる脚が
使えるので成績も安定傾向となっています。
脚質的には外回りコース向き、相手関係強化でどこまでやれるか
今後の試金石になりそうです。

エアソミュール】牡5 56.0 (栗東) ジャングルポケット×(サンデーサイレンス)
重賞では鳴尾記念の4着以外、全て二桁着順とムラのある成績になっていますが
凡走は気性による影響が強く、能力自体は高いものがある馬だと思います。
年末の復帰戦で戸崎騎手に乗り替わってから連勝。
好位からの脚質なので内回り、小回りコースもこなせており、
今回は相手関係強化になりますが順調に使えている分でどこまで・・・

カレンミロティック】せ6 57.0 (栗東) ハーツクライ×(A.P. Indy)
前につける脚質で非常に安定した成績をキープ。
休養を挟んで復帰した金鯱賞で重賞制覇を達成し、有馬記念に
臨みましたが、ルルーシュの失速で一旦は先頭に立ったものの
荒れ馬場に脚を取られて失速。6着に敗れています。
一旦大きく絞ったことで、今回はまず馬体を戻せているかどうかが
気になるところ。上がりが掛かる馬場も合わず、
関東への輸送でも結果が出ていないので、余程上手く展開に
乗らないと厳しいかも。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。