けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーS回顧(歴史は繰り返す?)   担【けん♂】

やっと雪の呪縛から解放された東京競馬場で今年最初のGⅠ
フェブラリーSが行われました。

ベルシャザール、ホッコータルマエの2強、というオッズ構成になりましたが、
どちらにも不安点はあり、伏兵も多数集結。
実績馬かそれとも・・・

予想は→ココ

結果は・・・

1着 コパノリッキー   1.36.0  上がり35.3
2着 ホッコータルマエ   1/2
3着◎ベルシャザール

5着×ブライトライン
6着△ワンダーアキュート
10〇ゴールスキー
14▲アドマイヤロイヤル

※全着順は→ココ

エェエェエェエェエェエェエェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェエェエェエェ!!!!!!(゚ロ゚屮)屮まじで?

ハナを奪って行ったのは事前の宣言どおりエーシントップ。
2番手にコパノリッキーが外からつけ、ソロル、ダノンカモンがその後ろ。

好位にノーザンリバー、その外にホッコータルマエ。

ブライトラインが押し上げ、ワンダーアキュート、ベストウォーリア、
ニホンピロアワーズ、さらにドリームバレンチノも中段待機。

大きく下げたシルクフォーチュンが掛かって馬群の内に突っ込み、
手綱をグッと引いて横山典騎手が抑え、後方にゴールスキー、
ベルシャザール、グランドシチー、最後方にアドマイヤロイヤルという態勢。

12.4-11.3-11.8-12.5-12.6-12.0-11.5-11.9
前半800m 48.0
後半800m 48.0

内田博騎手が逃げたパターンとの比較
フェブラリー結果

内田博騎手が東京D1600mを逃げた場合にはハイペースと
スローペースの2パターンに分かれている、と考察したわけですが
見事にスローペースのパターンに重なっています(爆)
GⅠということを考えるとまさか・・・とは思いましたが
道中で12秒台中盤を超えるラップに落として脚をためる展開を
作っています。

前半のペースという比較では11年に47.9で800mを通過して
いましたが、スタートが遅かっただけで道中は12秒台前半を維持。
ここまで大きく緩んだというと・・・04年(アドマイヤドン)以来になります。

うーん、これは大誤算(涙)
完全に2択を外してしまいました。

こうなると俄然、前優勢の展開

スムーズにコーナリングをこなしてスッと前から抜けて
コパノリッキーが先頭へ。

外から追いかけてホッコータルマエが詰め寄りますが、
いつもより少し控える位置取りを取ったことが逆にマイナス材料になってしまい、
なかなか前をとらえることが出来ません。

場内騒然となる中、なんとそのままコパノリッキーが押し切ってゴールイン!
2着にはホッコータルマエ、3着にはなんとか競り合いを制して
ベルシャザールが入り、1番人気の面目を保ちました。

エスポワールシチー、スマートファルコンが引退した途端に
次のGⅠ馬を出してきたゴールドアリュール
いやー本当に凄い種牡馬だと思います。

今回はレースレベルが極端に下がった、という影響もあったとはいえ
スローペースを前から抜ける脚質で3ハロンのダッシュが利く
というのはエスポワールシチーに通じるものがあり、
この開花が本物であれば、コパノリッキーも今後の交流GⅠなどでも
十分に活躍が期待出来そうです。

母のコパノニキータはティンバーカントリー×(トニービン)
という血統構成。これはそのままアドマイヤドンと同じ構成と
なっており、同じ舞台で似たようなペースで結果を出してきた
というのは偶然ではないかもしれませんね(^^;

レース後のコメント
1着 コパノリッキー(田辺騎手)
今日はただでさえ長い東京の直線が長く感じられました。ホッコータルマエの
メンコがちらついて、ある程度で止まってくれて、あともうちょっと
もうちょっとと思いながら追っていました。よく凌いでくれました。
今日は小細工なしに正攻法で行きましたが、絡んでくる馬もおらず、
ペースも落ち着いて、道中の手応えも抜群でした。それが最後の伸びに
つながったと思います。最後まで止まらず、よく走りきってくれました。
帰ってくる時も引っ掛かるくらいの手応えでした。初めてのGIを勝たせてくれて、
馬にありがとうと言いたいです


2着 ホッコータルマエ(幸騎手)
自分の形でレースは出来ましたが、最後はどうしても前との差が詰まりませんでした。
勝った馬をほめるしかありません。意識のほとんどは後ろの馬においていましたが、
コパノリッキーに意識をおいていたとしても、交わせていたかどうか...
という感じです。それでも今日は集中して走ってくれていました


(西浦勝一調教師)
まさか、勝った馬にここまで粘られるとは...。前を行く馬が実力馬、
人気馬なら意識しなければいけませんが、無理につかまえに行けば
後ろに差されてしまいますし、幸騎手は完璧な騎乗をしていました。
勝った馬が今日は強かった。ドバイには予定通り向かいます。
昨年の代表馬(ベルシャザール)も負かしています。この馬は一度負けた馬には
二度と負けないんです


3着 ベルシャザール(C・デムーロ騎手)
ゲートの出が甘く、スタートで遅れる形になりました。
ペースが遅く、外々を回る形でした。前にブライトラインがいて、
それを追う形でレースを進めました。終い勝負になった分、きつくなりました。
1600mは短いです。もっと長い方がいいと思います


5着 ブライトライン(福永騎手)
ペースが遅かったので、自分から動きました。ホッコータルマエを見ながら、
悪くない感じで進められました。しかし、直線で左にモタれてしまいました。
それがすべてです。まっすぐ走っていたら、勝ち負けだったと思います


6着 ワンダーアキュート(武豊騎手)
馬は元気一杯で、具合も良かったのですが、外枠の競馬になりましたね...

7着 ダノンカモン(三浦騎手)
馬は落ち着いていて、いい位置でリズム良く運べました。良かったです。
まだ若いですし、頑張ってくれています


8着 ニホンピロアワーズ(酒井騎手)
ホッコータルマエとワンダーアキュートを見ながら進めて、
位置取りは悪くありませんでした。道中のペースが遅いと思いました。
結果的に積極的に行っても良かったです


9着 ドリームバレンチノ(岩田騎手)
折り合いをつけて行きましたが、結果的に前残りの競馬になりました。
この馬も伸びて来てはいるのですが...


10着 ゴールスキー(ベリー騎手)
スタートの部分が芝で、そこでの走りが良くなく、後ろの位置になって、
遅れてしまいました。芝の部分が終わってハミを取って行きましたが、
スローペースで行き場所がなくなってしまいました。
スタートからダートのコースなら、GIレースでも活躍出来ると思います


12着 ソロル(ブノワ騎手)
1600mで、しかもGIという条件はきついです。1800mや
2000mで走るようなペースでは行けません。追いかけ通しでした。
精一杯走ったと思います。1800mか2000mならもっと活躍出来るでしょう


13着 ベストウォーリア(浜中騎手)
ポジションとしては、ある程度考えていた通りでした。ペースが遅く、
団子状態でした。内枠だと自分から動きにくいですね。能力は絶対にあります。
明け4歳で、どんどん成長しています。今後もいいレースをして欲しいです


14着 アドマイヤロイヤル(四位騎手)
調教師からは、スローになるだろうから前めで競馬するように、
と言われていました。しかし、スタートで内と外の馬に寄られてしまいました。
しかもポジションを上げて行くには外々を回らなければいけませんし...


コパノリッキーは4歳馬、530kgという大型馬、1700m以上の
距離実績、前半が速いペースでの実績など、条件を満たしている部分も
多かったわけですが、なんといっても実績が不足
3歳地方重賞勝ち(Cクラス)から一足飛びに中央GⅠ勝ち(Aクラス)、
というのは例がなく、ヒモまでならまだしも勝ち切ってしまったのは
考察をした側からすると大きな衝撃でした(>_<)

一応、成長が見込める年齢、ということが救いにはなっていますが
かといって今後もこういう馬を狙う、というのは難しそう。
たしかにベストウォーリアに完勝した実績もあったので
人気を落とし過ぎの感もありますが・・・今後のフェブラリーSの
予想をする上では意識しない方がいいかもしれません。

まぁペースを読み違えた時点でどうしようもなかったわけで(笑)
来年また頑張りたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

けんさん

 お疲れ様です、今日も回顧が早いんですね(笑)出かけてたので、結果見てビックリ!人気がなかったのもあったと思います、いわゆる「展開のあや」ですね。リッキーは延びしろある4歳ていうものありますけど、12年にテスタマッタ(7人気)で勝ってる村山厩舎ですね、仕上のコツがあるんでしょうか?
でも田辺J勝ってよかったです、馬もそうですけどやはり若い騎手に勝ってほしい。特に関東の騎手じゃあ内田Jの調子が悪いので、狙える騎手ていえば、蛯名Jくらいしかいないんで…

マロン | URL | 2014年02月23日(Sun)18:27 [EDIT]


お疲れ様です

ベストウォーリアを押した人は抑えで、コパを買ってたみたいな三連単の配当ですかね・・・
毎回、押さえで三連複を1番人気-2番人気-下位人気5頭を買うので少し助かり
ましたが(笑)

ぷくぷくぱんだ | URL | 2014年02月24日(Mon)00:18 [EDIT]


>マロンさん
いやー本当にびっくりしましたね(^^;

スローになったことが大きかったとは
思いますが、それもまた競馬。
チャンスを生かした田辺騎手とコパノリッキー、
そして村山厩舎に賛辞を送りたいです。

それにしても内田博騎手は不味いですね。
どこまで引きずるのか、今年の重賞戦線への
影響が心配です。

けん♂ | URL | 2014年02月24日(Mon)05:14 [EDIT]


>ぷくぷくぱんださん
的中おめでとうございます!
凄いですね~そんな買い方があったとは・・・

ベストウォーリアとの力関係を意識した
人も多かった感じでしたね。
もっと爆裂な配当が出るかと思いましたが・・・
それにしてもWIN5まであの結果とは
驚きました(^^;

けん♂ | URL | 2014年02月24日(Mon)05:16 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。