けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きさらぎ賞最終予想  担【けん♂】

大注目の3歳戦、きさらぎ賞(京都1800m)の枠順が発表されました。
オーソリティバイオは回避のようですね(残念!)

1 1クリノアドベンチャ 幸
2 2マルカラボンバ   川原
3 3ナムラマース    ペリエ
4 4オーシャンクルーズ 本田
5 5サムライタイガース 安藤勝
6 6オーシャンエイプス 武豊
7 7アサクサキングス  四位
8 8アドマイヤヘッド  岩田

これまでの考察
各馬分析1→ココ
各馬分析2→ココ
各馬分析3→ココ
レース映像→ココ
追い切り情報→ココ

8頭立てという少頭数で行われる今年のきさらぎ賞。
実績馬と新鋭がぶつかる激しいレースが予想されます。
ハナを切って行きたい馬は・・・サムライタイガースでしょうか。
後はアサクサキングス、アドマイヤヘッド辺りは番手から押し上げていきたい感じ。
上がり勝負に持ち込まれると厳しいので積極的に脚を削りにいかねば
勝機はありません。
サムライタイガースに任せたままならおそらくスローペース。
今回はアサクサキングスの四位騎手にレースレベルの高低がかかっている
ということになりそうです
(^^;

今回の予想
◎ナムラマース
○オーシャンエイプス
▲アドマイヤヘッド
△アサクサキングス
×オーシャンクルーズ

ナムラマースはエンジンがかかるのが遅い馬で、直線に入ってから仕掛けたのでは
トップスピードに乗らないまま終わってしまうと考えられます。
2度目の騎乗(それも本人が直訴)となるペリエ騎手もその辺りの感触は
つかんでくれていると思います。直線に入る前の下り坂でまくっていって
直線入り口で先頭に立つくらいのイメージいけばかなりの力が出せる馬じゃないかと。
積極的な騎乗を期待したいですね(^^)

オーシャンエイプスは1戦1勝馬ながら相当な人気をしそう(^^;
新馬戦はそれほど大きな評価はしにくい内容ですが
馬の能力の底はまだまったく見せていません。
凄まじいばかりの調教の内容がレースに直結するのであればまさしく怪物候補・・・。
どんなレースを見せてくれるのか期待したいです。

アドマイヤヘッドは出遅れ癖が怖い馬、後方からになってしまったら
かなり厳しいです。しかし好位から粘る競馬が出来れば上位で競うだけの力は
充分にある馬なので頑張って欲しいですね。
勝つイメージはありませんが連下、3着候補で。

アサクサキングスに、というか四位騎手には今回のレースのレベルを
上げてもらうために積極的な騎乗をお願いしたいですね(^^;
控えて脚を比べあう競馬をしたら勝ち目がないので
ペースをあげて先行抜け出しで他馬の脚を削りにいってもらいたいです。
とはいえ積極策ではナムラマースに、消極策ではオーシャンエイプスにと
どちらも先を越されそうな馬なので連下候補でしょうか。

オーシャンクルーズもそれなりに末脚がある馬なので
スローペースになれば展開で3着くらいに突っ込んでくることも・・・
上位馬とは力の差があるので上位の馬が脱落したときに繰り上がる感じです。


クラシックに向けてのサバイバル戦、生き残っていくのは
どの馬でしょうか・・?(^^)g

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私もかなりけんさんに似た予想になりました。
厚め勝負で行きたいですね!
ダイヤモンドの方はまだ迷っています。
ここ3週は、今日も含めて3連単が連発で当たっておりプラス収支です。
明日もこの調子で行きたいです。
お互い頑張りましょうv-91

月夜の星 | URL | 2007年02月10日(Sat)22:03 [EDIT]


おー絶好調ですか♪
そりゃ参考にさせて頂かないと!

おそらく上位4頭で決まると思うので
4頭BOXの3連単を考えていますが配当が
合わないかも・・やっぱりフォーメーションかな?(^^;
サムライタイガースは安勝が怖いですよね~
馬の力を引き出して厳しいレースにしてくれたら
今後につながっていきそうなので
頑張ってもらいたいところです
(馬券対象からは外したいんですけどね^^;)

けん♂ | URL | 2007年02月10日(Sat)23:31 [EDIT]


しかしきさらぎ賞は頭数が少ないですね~
共同通信杯同様、牡馬の有力どころが集まってきたので
仕方のないところではありますが…

私はオーシャンエイプスにはまだ信じられない
気がするので今回は無印の予定です。
ココでの結果が皐月賞に直結しそうな感じもしますし、
かなり楽しみですね(^^

しゃち | URL | 2007年02月11日(Sun)00:29 [EDIT]


オーシャンエイプスはまだ1勝馬ですからね。
信用し過ぎはたしかに怖いです。
少なくともレース内容だけから判断すれば
昨年のショウナンタキオンのような感じになりまねません。
調教がもの凄く良かったことと、
鞍上が武豊騎手なので馬を上手く育ててくれるんじゃないかと
期待しています。
※ショウナンタキオンも素質はあったと思うんですけどね・・
 まったく「レース」を教えなかった感じがして
 残念で仕方ないです。

まずは一線級と対戦してから・・
楽しみにしています(^^)

けん♂ | URL | 2007年02月11日(Sun)00:48 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。