けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーS(前哨戦評価1)  担【けん♂】

フェブラリーS(東京D1600m)出走馬の過去のレースを振り返りつつ
内容について見直してみたいと思います。

【JBCクラシック】


内から先手を取ったホッコータルマエが逃げる展開。
2周目の3コーナー手前でペースがグッと上がり、
後続が引き離されていく中、外を追走したワンダーアキュートが
迫りますが最後のコーナーリングでさらに突き放されてしまい、
万事休す。ホッコータルマエはまさに磐石の内容での完勝。
ちょっと隙が見つからないですね。
ワンダーアキュートは相変わらずの不器用さが出てしまいましたが
それ以上に伸び脚で差をつけられてはどうしようもありませんでした。

【帝王賞】


ワンダーアキュートがレースを引っ張る展開。
内を追走したローマンレジェンドは直線に入ってまるで推進力が
感じられない走りでズルズル後退。
外を被せて進出したホッコータルマエ、その内をニホンピロアワーズが
並んでワンダーアキュートを追いかけ、かわしての一騎打ち。
脚色、手応え、力強さ、全てにおいてホッコータルマエが一枚上手。
横綱相撲で完勝。

【マイルチャンピオンシップ南部杯】


先手を取ったエスポワールシチーのすぐ後ろの外をホッコータルマエが追走。
4コーナー手前でペースを上げ、スムーズなコーナーリングで
後続を突き放してエスポワールシチーが独走態勢。
ホッコータルマエは少し膨らんで追いかけたことで前に離され、
懸命に追いすがりますが、パサパサの馬場もあって
最後に迫るところまで精一杯。

【みやこS】


離して逃げた2頭が苦しくなって止まったところをかわして
ブライトラインが早めに先頭に立って直線へ。
タイミング良く抜け出したことで隊列は長くなって
後方から追いかけたグランドシチー、ケイアイレオーネは
まったく届くことなく完敗の内容。
ブライトラインは一定のリズムを刻み続けたことは
評価出来ますが、競り合いになっての一押しが
利かない感じ。なんとか凌ぎ切りましたが、
上位馬相手だと・・・

【武蔵野S】


前が一団となって4コーナーから直線へ。
好位を追走していたベルシャザールは馬群の中に閉じ込められ、
前が壁になっているところから出すところを探り、
少しバラけた隙を突いて馬群を割って進出。
馬格もパワーもある上に精神的にも強い、というのは大きなプラスポイント。
前脚の掻き込みが力強く、急加速が利くのも好感。
前から伸びる上位馬相手にどこまで出来るか楽しみです。
外から正攻法で伸びてきたアドマイヤロイヤルは
回転が速い脚で急加速が利く点は評価出来ますが
一完歩の伸びでベルシャザールに及ばず完敗。
ベストウォーリアはベルシャザールの後から遅れて
伸びてきましたが、時すでに遅し。
重心の低い走りは東京向きだと思いますが・・・

【JCD】


エスポワールシチーが淡々とペースを緩めずに
引っ張ったため、前の消耗度が高くなったレース。
前につけて抜け出したホッコータルマエは
強いレース内容を見せましたが、後方で知らん顔
していたベルシャザール、ワンダーアキュートの
末脚に屈して3着。幸騎手の踊りっぷりも
推進力のプラスになった感はないような・・・(爆)
末脚の伸び自体はワンダーアキュートの方が
上回って見えましたが、ワンテンポ遅れるのが
この馬の個性?

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。