けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京新聞杯(展開想定)  担【けん♂】

大阪も寒く、朝の時点で少しだけ雪の形跡が残っている状態。
東京は予報どおり、雪が積もっているようで土曜日の開催は
月曜日に延期
と発表されました。

ひとまず日曜の早朝までは雪予報が続いており、明日の開催は
普通に行われたとしても・・・重馬場で行われる公算が高そうです。

水はけがよく、雨の場合には馬場の内側からスーッと乾いていく
東京競馬場ですが、雪となると・・・そう簡単に溶けて流れてくれるかどうか?

・・・09年にも不良馬場でレースが行われましたが
このときも馬場差が大きく影響した印象。
馬場中央外に出した馬と内に突っ込んだ馬では伸びがまるで違っていました。
雪混じりの内側の馬場を踏み荒すことで、伸びるコースが
変化してくる可能性もあり、当日のレースを見ながら
有利な位置を考え直す必要がありそうです。

東京新聞杯(東京1600m)の枠順を見ながらざっと展開を
考えてみたいと思います。

4枠に入ったレッドスパーダはブノワ騎手。
週中の考察ではこの馬が行くことを想定してみましたが、
1枠2番からのクラレントも川田騎手に乗り替わってからは
前掛かり気味に行く傾向が強まっており、この2頭で行く形になりそう。
あとはスタート次第でしょうか。

どちらがペースを握るにしてもスロー気味。
特に3コーナーからのカーブでグッとペースを落とす形のラップに
なってくる見込みです。

最内のレイカーラは被せられて好位の後ろ辺り。
馬格がないので外に出せないと厳しくなるかも。

ダノンシャークは以前のように大きく下げる必要はなくなっており、
好位集団の一角でレースが出来そう。

エールブリーズは距離延長、場合によってはそのまま行ってしまう
可能性もありますが、ひとまず先行集団の後ろへ。

サクラゴスペルは短距離では先行気味に行きますが、
マイル周辺の場合んは少し控え気味。中段くらいで落ち着かせて・・・

エキストラエンドはデムーロ弟騎手。
馬場状態を見ながら、ということになると思いますが
少し下げて中段後方から内差しを狙うか外に出すか。

サトノギャラントは基本的に後方からのスタイル。

プリムラブルガリスはベリー騎手。
好位につけてくる形になりそうです。
良馬場でしかレースをしていませんが血統的には重馬場適性に
期待出来るだけに穴候補として面白そう。

ショウナンマイティは4ヵ月の休養明け。
まずはゆったりと出て後方から外を回す自分の形で。

ヴィルシーナは内田博騎手に戻りました。
好位の前に押して行く形。

コスモセンサーは久しぶりのレース。
馬体重の変動などにも注意したいところです。
この馬も逃げる可能性もありますが、枠順的に無理せず
好位の外へ。

コディーノは引き続きリスポリ騎手。
スタートを決めて好位の後ろくらいにつけていきたいところ。

リルダヴァルは中段後方から。

ホエールキャプチャは休養明け。
無理せず中段後方の外から・・・

ブレイズアトレイルは難しい枠に入ってしまいました。
ある程度押して行ったとして・・・中段くらいまで。
09年にアブソリュートでこのレースを制している田中勝騎手。
外に出して再現狙い?

スタート直後のおおよその位置取り
東京新聞杯位置取り

ペースから考えると、かなり前優勢の流れになりそうですが
馬場状態が気になるところ。

4コーナーで密集し、内を回った馬は外に出すような
コース取りは難しくなりそう。
馬場差が出てしまうと差し優勢になるかもしれません。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。