けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京新聞杯(枠順別実績)  担【けん♂】

東京新聞杯(東京1600m)について見ていきたいと思います。

枠順別実績
東京新聞杯枠順
※~10年は開幕週、11年~は開幕2週目の開催
 09年は不良馬場

内枠、外枠の差は一目瞭然。
特に近年に近づくほど内枠優勢の傾向は高まっており、
不良馬場でコース取りが極端に影響した09年を除けば
11年のスマイルジャックが8枠から激走したのみ、であとは
ほぼ4枠より内の馬で決着しています。

以前は外の馬も好走していたこともあるので、今年がどうかは
わかりませんが・・・普通にこのところの流れに沿って考えてみれば
内枠の馬を中心に見ておいた方が良さそうです。

馬券戦略的にみると、これだけ偏りを見せながらも
1枠の馬は1勝のみ、2枠は未勝利、ということを考えると
3(4?)枠から1、2枠に流す、という買い方が面白そうです。
07年~11年まで5年連続で1枠の馬が3着・・・なんて
並びを見せられるとちょっと出目表を意識したくなりますね(笑)
ここ2年は4枠が連続3着・・・今年も連荘するかも?(^^;

人気を加味した好走度を見てみると

1枠  3.3
2枠  1.0
3枠  3.5
4枠  2.8
5枠 10.5
6枠  1.5
7枠  9.0
8枠  2.5

※数字が大きいほど人気薄が好走している傾向

過去の傾向的には・・・ちょっと荒れ気味。
ここ7年間では10年の2着にトライアンフマーチが1番人気を背負って
入線していますが、それ以外は全て着外にぶっ飛んでいます。
2番人気の馬は健闘しているものの、3番人気の馬は10年間で
一度も3着以内がないといういわゆる「死に目」になってしまっています。

実力実績馬は人気を背負いやすいものの、休養明けだったりするので
ここでは足元を掬われやすい・・・のかもしれません。

狙い目は中途半端な4番、5番人気辺りなんですが
まぁ人気は直前まで変動がありますし、あくまで目安なので
あまり意識し過ぎるのは危険だと思います。

枠順的には・・・穴枠として面白そうなのは5枠
近年に結果が出ていないので微妙ではありますが、外過ぎるわけではないので
レース展開的に不利があるわけではなさそう。
人気薄の差し馬が入ったら・・・ちょっと押さえてみてもいいかもしれません。

※先週は穴枠として指定した3枠から13番人気のリトルゲルダが3着に入線。
 柳の下に2匹目のドジョウがいるかは微妙ですが、リターンが大きいので
 穴枠の馬をベタで狙い続ける、というのも戦略的にあり・・・かも?
 欲ボケが!バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。