けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京新聞杯(過去の勝ち馬の馬体)  担【けん♂】

過去の東京新聞杯(東京1600m)の勝ち馬の馬体写真を並べてみました。

※東京新聞杯は土曜開催の年もあり、撮影自体が行われていないこともあったので
 そういう場合はなるだけ近い頃の写真を取り上げています。

【クラレント】
(13読売MC)
クラレント13読売MC

【ガルボ】
(12阪急杯)
ガルボ12阪急杯

【スマイルジャック】
(11東京新聞杯)
スマイルジャック11東京新聞杯

【レッドスパーダ】
(10フェブラリーS)
レッドスパーダ10フェブラリー

【アブソリュート】
(09マイルCS)※東京新聞杯は重馬場
アブソリュート09マイルCS

【ローレルゲレイロ】
(08阪急杯)
ローレルゲレイロ08阪急杯

【スズカフェニックス】
(07阪急杯)
スズカフェックス07阪急杯

【フジサイレンス】
(06関屋記念)
フジサイレンス06関屋記念

【ハットトリック】
(05東京新聞杯)
ハットトリック05東京新聞杯

【ウインラディウス】
(04東京新聞杯)
ウインラディウス04東京新聞杯

※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより

面白いくらいにシルエットが似ていますね(^^;
やはりレースに対する適性というのは馬体に反映されていると思われます。

基本的にクビが低く、ツル首気味ですが太く力強いのが特徴。
クビを支える上半身の充実度の高さもポイントになると思います。
瞬発力の元となる下半身は丸く盛り上がっており、
腿の力強さも注目したいところ。
後肢は極端ではありませんが、高速馬場向きの構造。
冬場ながら毛ツヤもそれなりに滑らかで体調面など
しっかりと調整されている馬を狙いたいところかと。

東京1600mはスタミナを問われるコース設定ですが
スロー気味に流れやすいこともあって全体的にマイル以下の適性の馬が
好成績なのもポイント。
スタミナは必要ですが、1400m以下でも対応出来る
スピードがありそうなタイプを狙ってみたいところです。

今年の出走予定馬についてもイメージに合う馬を探してみたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。