けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルクロードS(斤量負担分析)   担【けん♂】

シルクロードS(京都1200m)についてもう少し見ていきたいと
思います。

実質斤量負担
シルクロードS斤量負担

基本的には大型馬優勢、480kg以上ある馬が優位と
なっていますが、460kgあれば一応OK。
実質斤量負担では、12.0%が好走の上限になっています。

13%を超えてしまうプリンセスメモリーはさすがに完全に
危険ゾーン。前走よりも負担が減っているとはいえ
厳しいと見た方が良さそう。

スギノエンデバーは57kgでも好走経験がありますが
北九州記念を勝ったときには55kg・・・重賞でこの負担
というのはマイナス材料。

ストレイトガールは牝馬だけに実質460kgゾーンと
考えれば馬体重の面では大丈夫そうですが、
斤量負担は厳しい状況。これまでの7勝のうち、
4勝は55kgで勝ち取っているので大丈夫だとは思いますが
少し割り引いて考えた方がいいかも。

過去の12%を超えて好走しているのはサニングデール、
ステキシンスケクン。どちらも重賞勝ちがあったことを
考えると・・・スギノエンデバーは及第点にしても
ストレイトガールは微妙。逆にここで好走出来るようなら
今後の評価が高まりそうです。

前走で勝っているのに斤量負担が減っている
・ワキノブレイブ
・レオンビスティー


この2頭は斤量面から推せる馬。
前走4着のサイレントソニック、勝っているのに
負担が変わっていないアフォード、あとは
実質斤量負担で少し厳しいストレイトガールが次点評価。

抜けて重いトップハンデを背負うマジンプロスパーは
馬格があるのでひとまず問題なし、と見て良いと思われます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。