けいけん豊富な毎日

シルクロードS(各馬分析1)   担【けん♂】

シルクロードS(京都1200m)の出走予定馬について
見ていきたいと思います。

昨年のこのレースで1番人気を背負っていたアイラブリリは・・・
登録はありますが賞金不足で今のところ出られない見込み。
勢いに任せた人気の怖さ、というものを感じます(T_T)

アフォード】牡6 (栗東) サクラバクシンオー×(ゼネラリスト)
昨年は休養明けで少し重かったこともあって中段から失速し13着と大敗。
その後低迷し、夏場に大きく崩れた後、年末の復帰戦で1年ぶりの
勝利を飾っています。これまでのところ重賞では完全に頭打ち。
前が止まってなんぼ、という脚質なので展開に左右されやすく
京都適性は微妙。絞って出てくれば良い状態で出られそうですが・・・

ケイアイアストン】牡9 (美浦) フジキセキ×(Wolfhound)
重賞での好走は10年の秋にまで遡らねばならず、ここ1年半は
馬券圏内から遠ざかっています。それでもOPで4着があるように
力はある馬で、前優位の展開に上手く乗れたらそれなりに
頑張れそう。昨年は自己最大体重とデブで出走し11着に
敗れていますが、状態がまともならもう少しやれそうかと。

サイレントソニック】牝6 (美浦) ディープインパクト×(Unbridled’s Song)
昨秋のオパールS(OP)では好位から進めてエピセアロームに
離されながらも2着と健闘しましたが、続く京阪杯では後方から
まったく届かず15着と大敗。とりあえず出遅れ癖がある点はマイナス材料。
重賞の流れになると厳しい、という見方も出来るわけで
現状では力不足の感。前が止まって・・・展開がハマってどこまで。

ザッハトルテ】牝7 (栗東) クロフネ×(Kingmambo)
昨春に連勝し、重賞路線に参入しましたがヴィクトリアマイルでは
16着と大敗。CBC賞では4着に食い込みましたが
そこから4戦連続二桁着順と崩れてしまっています。
馬格がないので斤量の影響も出やすい感じですが、
適性自体が1400m、という印象。年齢的にスプリントレースでは
厳しくなってきていると思われます。

シュプリームギフト】牝6 (栗東) ディープインパクト×(Souvenir Copy)
京都1200mでは京阪杯3着がありますが、好走が目立つのは
夏の函館。昨年も函館SS2着、キーンランドC3着と健闘しています。
淀短距離Sでは12着、14着と大敗しているように、
基本的に好走は夏から秋にかけてに集中。ある程度スローで
流れないと厳しい面もあり、ここでは厳しそう。

スギノエンデバー】牡6 (栗東) サクラバクシンオー×(ブライアンズタイム)
後方一辺倒の脚質で成績も不安定になっていますが、昨秋の京阪杯では
福永騎手が3番手からレースを進めて3着と好走。新味を出せたのは
今後に繋がるかもしれません。とはいえ、騎手による側面が強いので
鞍上と展開次第。見栄えのする好馬体で状態はずっと良い感じなので
力を出せる形になるかならないか、で結果が分かれそうです。

ストレイトガール】牝5 (栗東) フジキセキ×(タイキシャトル)
昨春に+22kgと大幅に馬体を増やして復帰し、本格化。
函館で4連勝を飾り、キーンランドCでも2着と健闘。
休養を挟んで前走では中京1200mのOPを好位から抜けて
完勝しています。基本的には前半をゆったり行く形が得意パターンですが
ハイペースでも前の馬次第で脚を伸ばせるので大きな問題はなさそう。
馬格がないので斤量の影響も出そうですが、今の出来ならば・・・

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック