けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AJCC(展開想定)   担【けん♂】

AJCC(中山2200m)の枠順を見ながら展開について
ざっと考えてみたいと思います。

4戦連続で逃げているサトノシュレンはブノワ騎手がテン乗り。
外人騎手だけに、どんなレースをしてくるのか微妙ではありますが
他に行きたい馬がいるわけではないので、外枠からでも先手を
取ることになりそう。
・・・控える可能性も一応考慮した方がいいとは思いますが(爆)

ブノワ騎手はまだ日本での騎乗に慣れている、とまでは
いきませんが、年明けから中山で乗り続けているので
別に大きな問題はなさそうです。
ちなみに成績は↓

    支持率 達成率 穴馬率 複勝率
東京 17.9  28.6  18.8  20.5 (%)
中山 10.3  28.6  19.7  20.6

外人騎手にしては騎乗馬に恵まれているとは言えず、
支持率(人気馬に乗っている率)はかなり低目。
複勝率が高くないのも致し方のないことだと思われます。

さらに・・・人気馬での裏切り方も酷いですね(達成率)。
まったく信用出来ません(爆)

ただし、達成率の低さに対してこの穴馬率の高さは異常。
目安の20%には僅かに届いていませんが、
相当な人気薄でも強引にもってくるレースが目立っています。

過剰な期待はもちろん出来ませんが、サトノシュレンは
まったく人気しないと思われますので(爆)
逆に狙い目になるかもしれません。

2枠に入ったコスモファントムは松岡騎手。
場合によってはこの馬が逃げる可能性もありそう。
その場合は・・・スローからの後傾ラップ、前優勢の展開になりそうです。

ダノンバラードは後藤騎手に乗り替わり。
2、3番手での競馬になりそう。

最内のフェイムゲームは控えて後方へ。

サクラアルディートはベリー騎手。
前走で後方から届いていないことを考えると
中段前くらいで抑えてきそう。

ケイアイチョウサンは内を狙う絶好枠。
後方から内で我慢してショートカット狙い。

フラガラッハは後方待機。

ヴァーゲンザイルは中段から。

マイネオーチャードは引き続き柴田大騎手。
ゆったりと出て外を押し上げていく形。

ダービーフィズも中段から外へ。

ヴェルデグリーンは最後方近くからになりそう。

サダムパテックは少し外目に入ってしまいましたが
内の馬が下げる形になりそうなのですんなり好位に
取りつく競馬が出来そう。

トゥザグローリーは引き続きルメール騎手。
有馬記念よりも少し前に押して中段前くらいへ。

レッドレイヴンは厳しい枠に入ってしまいましたが、
サトノシュレンに合わせて前にスーッと押していく形で
先行勢の一角へ。スタミナに不安がある血統なので
あまり無理はして来ないかも。

チョイワルグランパは後方待機。

マックスドリームもこの枠からなら開き直って
後方からスタート。どこで押し上げていくかがポイントに
なりそうです。イメージは中山金杯の再現。

スタート直後のおおよその位置取り
AJCC展開想定

ブノワ騎手がペースを握るとどんなレースをしてくるか
わかりませんが、少しため気味に進むかも。
松岡騎手、後藤騎手が行くのであればロングスパート気味に
長い隊列を作ることになりそう。

基本的には前優勢。
ダノンバラード、サトノシュレン、レッドレイヴンに
サダムパテックが好位から被せ、トゥザグローリーが追いかけ、
内からケイアイチョウサン。
外を押し上げて機動力を活かすマイネオーチャード、マックスドリーム。
外差し勝負のダービーフィズ、ヴェルデグリーンは
前が止まらない展開になるとどこまで届くか・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。