けいけん豊富な毎日

AJCC(斤量負担分析)   担【けん♂】

AJCC(中山2200m)についてもう少し見ていきたいと思います。

【実質斤量負担】
AJCC斤量負担分析

過去の傾向的にはかなりはっきりと大型馬優勢、という
データになっています。

馬体重でいえば・・・最低480kgは欲しいところ。
470kg台でギリギリ、という感じになっています。

斤量負担に強いステイゴールド産駒のケイアイチョウサンには
一応注意したいですが、ヴァーゲンザイル、ダービーフィズ、
フェイムゲームは厳しい状況。
マイネオーチャードは牝馬ということで、一つ上のゾーンで
見るとすると問題なし、としておきたいと思います。

特に好走率が高い11.5~12.0%のゾーンに入っているのは
ヴェルデグリーン、ダノンバラード、あとは上記のマイネオーチャード。

前走で勝っているのに斤量負担が減っている
・マイネオーチャード
・レッドレイヴン


この2頭が斤量負担の面からは推せる馬。
元POG馬のヴァーゲンザイルも条件は良化していますが、
実質的に最も厳しい負担になっているだけに
厳しい状況と言わざるを得ません(>_<)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック