けいけん豊富な毎日

AJCC(馬体について)   担【けん♂】

AJCC(中山2200m)出走予定馬の馬体について見ていきたいと思います。

【サダムパテック】
(13安田記念)
サダムパテック13安田記念
(13マイルCS)
サダムパテック13マイル
(AJCC)
サダムパテック14AJCC
ずんぐりむっくり系でクビ差しが太い馬体。
どちらかといえば上半身に偏っており、
適性には期待出来そうです。
前後の筋肉の実の入りは十分、腿も引き上げられており、
力は出せる状態でレースに臨めそう。
腹がポテッとして見えるのは元々の体型、
太目感もなく、あとは気性面の問題。

【ダノンバラード】
(13天皇賞秋)
ダノンバラード13天皇賞秋
(13有馬記念)
ダノンバラード13有馬
(AJCC)
ダノンバラード14AJCC
充実して見えた有馬記念で大失速。
今回は少し下半身の筋肉が低下していますが、
おおよその状態は維持出来ている印象。
少し厳し目の展開だったとはいえ、この出来で
あの止まり方は違和感MAX。
外的な仕上がりは悪くないにしても内的な問題がある
という不安は否めません。

【ヴェルデグリーン】
(13天皇賞秋)
ヴェルデグリーン13天皇賞秋
(AJCC)
ヴェルデグリーン14AJCC
腰への繋がりが微妙な分、小回りの競馬場で
器用に立ち回れるタイプではなさそう。
上半身、下半身とも筋肉の充実度は十分、
この時期にしては毛ツヤも良好で体調にも
問題なさそうです。
前走の消耗も感じられず、力は十分に出せる出来。

【ケイアイチョウサン】
(13菊花賞)
ケイアイチョウサン13菊花賞
(中山金杯)
ケイアイチョウサン14中山金杯
(AJCC)
ケイアイチョウサン14AJCC
3歳時に比べて下半身の充実度が高くなっており、
全体的な力感も向上。クビ差しにもう少し
力強さが欲しい気もしますが、土台は出来た、
という感じでしょうか。
出来は前走以上、立ち回り次第で好走が期待出来そうです。

【フェイムゲーム】
(13スプリングS)
フェイムゲーム13スプリングS
(13皐月賞)
フェイムゲーム13皐月賞
(AJCC)
フェイムゲーム14AJCC
もっさりしている、という面では過去の好走馬に
繋がる面がありそうですが(爆)これといって
強調点が感じられない馬体。
胸前に深みがあり、心肺機能は高そうですが
春先からの成長度は微妙。前後の実の入りはもう一歩。

【レッドレイヴン】
(ブレイクランアウト:09菊花賞)※参考
ブレイクランアウト09菊花賞
(AJCC)
レッドレイヴン14AJCC
比較写真がないので参考として同父の活躍馬の
写真を並べてみました。
マイル適性が高かったブレイクランアウトよりも
胴が詰まり気味で距離への融通度は微妙。
クビ差しの力強さ、前後の筋肉の充実度は高く、
状態はかなり良さそうです。
少し腹回りがゆったりして見えるので
当日の馬体重には要注意。

※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック