けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経新春杯(展開想定)  担【けん♂】

日経新春杯(京都2400m)の枠順を見ながらざっと展開について
考えてみたいと思います。

典型的な逃げ馬は不在。
内枠に入ったサフランディライトは4走前に和田騎手で同条件の
1000万下を2番手から押し切っており、今回も前に行く形になりそう。
和田騎手が先手を取るなら・・・ある程度ゆったりしたペースで
後傾気味のラップになりそうです。

幸騎手に乗り替わるステラウインドが行ってしまうようだと
ハイペースになる可能性は無きにしも非ず。
暴走系の騎手だけに(爆)どの馬がペースを作るかで
レースの性格がガラリとかわってしまいそうですね。


最内に入ったサトノノブレスはルメール騎手。
好位の内をキープしていつものレースが出来そうです。

トップカミングは下げて後方から。

フーラブライドは中段から外に出す感じ。

カワキタフウジンは秋山騎手で中段から差して前々走に京都で3着。
ここ2走は極端に後方からになりましたが、中段に構えたいところ。

ウインドジャズは距離延長を考えると・・・下げて後方近くへ。

アドマイヤフライトも先手を取る可能性がありますが
ひとまず好位の前に取り付く形へ。

コウエイオトメはいつものように最後方近くから外へ。

テイエムイナズマは脚質が安定しませんが、下げて脚を使う
形の方が内容的にマシかと。

トップゾーンは後方待機。

ロードオブザリングも後方から上がっていく形になりそう。

ラブイズブーシェは下げて後方から。
内を突く騎乗が出来れば・・・

ラウンドワールドは馬格がないので外枠がプラスになりそう。
中段外から上がって行く形で。

クラウンレガーロは本来は好位につけたい馬ですが
三浦騎手に戻って無理には行かない感じ。中段まで。

ジャングルハヤテも出たなりに寄せて中段後ろくらい。

スタート直後のおおよその位置取り
日経新春杯位置取り

スタートからの直線が長いので先行争いはそこまでシビアには
ならない感じ。
今回は前と後ろがある程度はっきり分かれ、中段が薄くなる形
隊列が決まりそうです。

展開に関しては最初に触れたとおり、和田騎手か幸騎手
(もしくは福永騎手)によって作るペースがガラリと変わってきそうなので
決め打ちがしにくいですね。

暴走がなければ基本的には前優勢。

先行勢が内で粘るところを好位、中段差しの馬が追いかけ、
後方からの馬がどこまで届くか、という感じ。(そのまま過ぎですが:爆)

具体的には・・・
アドマイヤフライトとサトノノブレス、ステラウインドが競い合うところを
ラウンドワールド、フーラブライトが差し込み、さらに遅れて
コウエイオトメ、カワキタフウジン、ラブイズブーシェが追いかける・・・

そんなイメージでしょうか。
実力的にも混戦模様。仕掛けどころ、位置取り、ペースなどちょっとした
要因でガラリと結果が変わってきそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。