けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経新春杯(レース内容チェック1)  担【けん♂】

日経新春杯(京都2400m)出走予定馬のこれまでのレースを観ながら
脚質等を見ていきたいと思います。

★愛知杯

スローの割に縦長気味になった展開。
中段の外を追走したフーラブライトはスムーズにコーナーリングをこなし、
馬場の中央に出しての追い出し。低いクビをリズム良く使って加速すると
馬群の外を一気に抜けてゴールイン。
前脚がよく伸びて滞空時間の長いキレイなフォーム。京都でもスピードに
乗ればかなりの伸びが期待出来そう。
後方2番手を追走したコウエイオトメはコーナーリングで膨らんで
大きく外に振られつつ遅れて直線へ。かなり不器用なタイプかも。
がに股気味のピッチ走法で前を追いかけますが、前の馬も伸びており、
脚色が同じになって中段馬群に横並びになって完敗。

★古都ステークス

後方2番手の内を追走したコウエイオトメはコーナーリングで
少し引き離されつつ外に膨らんで直線へ。外の馬をやり過ごして
さらに外に出して追い出しを開始すると回転の速い脚で
馬群の外を一気に伸びて2着入線。やはり不器用さが目立つ
内容ですが、脚の回転の速さは秀逸。直線だけの瞬発力勝負になるならば・・・

★朝日CC

中段の内を追走したラウンドワールドはコーナーリングも問題なく
こなして直線に入りますが、外の馬群に包まれて出すところがなく
内を突こうとしますが、前が詰まって抜けるところがありません。
馬群を割って出るだけのパワーがない点は厳しいですが
内容としてはコース取り失敗。同じ位置から外に出した
アルキメデスが勝っているだけに、並んでの追い比べで
どうだったのかを見てみたかったですね。
後方を追走していたカワキタフウジンは遅れてコーナーリング、
直線に入って最後方に置かれてしまいますが、
ハナズゴールの進出に合わせて直線半ばから猛加速。
一気に伸びて競り合いを制して2着まで。
急加速能力も評価出来ますが、ルメール騎手の伸ばし方も
大きかった印象。特に最後の競り合いは騎手の力量かも。

★アンドロメダS

中段後方の外を追走したラウンドワールドはそのまま外を上がって
スムーズにコーナーリングで前に進出。
スピードの乗って前をとらえると、あっさり馬群をかわして
突き抜けてゴールイン。クビを上手く使えていない感じで
堅さを感じますが、加速はスムーズで器用さもあり、
長く良い脚を使える点は評価出来そう。
2番手を追走したテイエムイナズマは直線で先頭に
立ちかけますが、外からかわされて勢いを失いそのまま・・・
淡々と同じテンポで走る感じで脚の比べ合いで
見劣るのは厳しいですね。

★御堂筋ステークス

超スロー気味ながら前の馬が離して逃げてアドマイヤフライトは
4番手の内を追走。直線に入って内に切れ込んで抜けようとしますが
前の2頭をかわせず一旦3番手に控え直し、最後の坂で前の脚色が
鈍ったところを外から差し切ってゴールイン。
スピードに乗って脚を長く使うタイプではなく、瞬間的な伸びで
勝負する感じでしょうか。
後方馬群の内を追走していたカワキタフウジンはコーナーで
ショートカットした形で中段へ。上手く馬群を捌いて馬場中央に出し
前を追いかけますが・・・時すでに遅し。離れた4着まで。
それでもペース次第で・・・と思わせる内容でした。


続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。